旬や村岡商店 栗

今週は 山都町の栗を紹介。

栗は、私たちが食べている黄色いホクホクした部分は、実は種です。
その種を包んでいる硬い殻(鬼皮)が果実で イガイガが殻になる。

選果場で話しをお聞ききしたら
山都町栗部会第3支部(旧矢部、清和)で75件栽培されている。

今年は、1週間ほど遅く 8月31日から栗の出荷がスタート。
現在は、丹沢。 9月の下旬ごろから つくばが出始める。

丹沢は、早稲で甘みがある お菓子に最適
つくばは、 日持ちする栗。

西日本の「栗」は 全国のお菓子屋さんから評価が高い・・といわれている。
それは ペーストにしたときに 黄色い色が鮮やかにでる!から

特に、山都町の栗は高冷地で日焼けが少なく お菓子屋さん・・・
北海道などからの依頼があるそうです。

今年は 今のところ量が少ない。
価格が上がっています。でも、いい栗はできている。

県内で、1300トン 山都町で100トンの見込み。
道の駅 清和文楽邑 で販売している渋皮煮は
地元の栗を使って 地元の方々の協力で出来ています。

皮剥きを4人の方が担当。

ひとりは 黒木きめさん。93歳。
1日  10キロ剥きます。
栗剥きはさみを使って(生け花で使うようなハサミ) 2~3時間でむく
丸い栗よりも 平坦な栗の方が剥きやすい。
お尻のカタイところにハサミの刃をひっかけてむいていく。

黒木家でも栗を栽培している。

約1ヘクタールで 100本以上
60年たってる木なので 収穫量が減ってきている。
いがの中に3個入っているのがベストだが1個しか入ってないことも多々ある。

そして道の駅清和文楽邑に渋皮煮を作りにいらっしゃる渡辺さん。

アクヌキをして、甘みをだし 寝かせて・・・
皮がはがれないように、身がくずれないように・・・と気を使いながら
目をやりながら作られている。

道の駅 清和文楽邑の渋皮煮
今週末 ぐらいから販売される。

むいた栗なども販売。
お菓子の栗笑い、茶ぐりあんなども人気。
 

ドライブがてら おでかけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です