カテゴリー別アーカイブ: 九州情熱人2014

介護予防センター元気塾 村上光昭さん

今回の九州情熱人は 玉名市の介護予防センター元気塾
施設長 村上光昭さんです。

murakamisann.jpg
介護予防センター元気塾は、要支援1.2・・・何らかの支えが必要な
方々を対象に そして一般の方にも健康サポートする施設です。
gennkiijyuku.jpg
村上さんは、たまきな荘地域福祉センターに29年間勤務。
その間、健康運動指導士の資格を取得。
介護予防センター元気塾を4年前に開所。
現在は、施設指導はもちろん 県北を中心に20教室ほどの
介護予防教室や公演を行っている。
sisetu.jpg
運動と栄養と休養のバランスが必要。
会員の方は自分の体調を知ったうえで運動をおこなっている。
教室運動の内容は、体力測定をしながら ストレッチ運動、
筋トレ、有酸素運動など・・・ トータルすると高齢者でも1時間ほど。
年齢関係なく、介護を必要としない体作りを指導。
決して、会員の皆さんへ甘い言葉は言わない。
出来る範囲だとわかっているから あえてやれるところまで
やらせる。
会員のみなさんも はじめはやれない!と言っているが徐々に
やれるようになり自身へと繋がるという。
今では、会員のみなさんから元気をもらっているのでしょう・・・
50/50の関係。
教室は、呼ばれれば何処へでもでかける。
色んな人と出会いたい・・・と自分でも寂しがりやといわれる
村上さん。
人が大好きなのでしょうね。
そんな、村上さんを皆さんがしたっているようです。
******************************************************
「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。



人吉文化協会 会長 山本矩子さん

本日の九州情熱人 人吉文化協会会長 山本矩子(のりこ)さん75歳。

                        
yamamotosann.jpg
宮崎県のご出身で 就職を機に人吉へ。
2年後結婚。
人吉へ来て55年になるそうです。
現在は、ご主人と一緒に社交ダンスのインストラクターをされている。
教室も自宅にあり、「ダンス天国クマガワ」を経営。
ここには、いい昭和が残っているレトロなダンスホールです。
映画のワンシーンに出てきそうな・・・・・感じです。

suku-ru.jpg
矩子さんは、球磨社交ダンス協会長も務めていらっしゃいます。
さて、今年8月人吉市で
「くまもと子ども芸術祭2014」が開催されました。
その芸術祭の地域実行委員長も務められたのです。

この芸術祭は 子供が主役の伝統芸能の披露。
人吉・球磨地方で 伝統芸能が残っているのは「29」ぐらい。
継承することが年々厳しくなっているそうです。
その原因は少子高齢化。
指導者が高齢化していることと、子供たちの忙しすぎる生活。

ちょうど、中堅となる30、40、50代の指導者が
育っていないからだそうです。
しかし、
芸術祭へ向けて子供たちは一生懸命郷土芸能を練習をし
披露してくれたそうです。
公演が終わった後、子供たちから「おばちゃん、楽しかったよ!」
と、言われたことが なによりうれしかったとか。
伝統芸能の継承にこだわるのは?
伝統芸能は、やはり歴史がある。

太鼓叩くだけではなく、それに、
どういう歴史背景があるか、
そういうところまで深く考えて
教えたり教えられたりすれば、
郷土愛も自然に生まれてくるんじゃないかなと
思うと矩子さん。


人吉の街は大好き。

球磨川に恵まれ、緑が多く、人情厚い。


だから、人吉の街を誇りに思う人が

いっぱい育ってくれればうれしいと。


宮崎県出身の矩子さんですが 

郷土はすっかり人吉なのです!!


******************************************************
「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。

情熱人! 音楽家 島野 聡さん

今日の九州情熱人 音楽家 島野 聡さん44歳。

simano.jpg
現在は、東京7割、熊本県八代市3割で活動する音楽家。
MISIAさんのデビュー曲「つつみこむように」作詞・作曲。
(ファーストアルバムの作曲もほとんど島野さん)
高校まで八代ですごし 大学から東京へ。
若いころは、八代に興味がなかったらしい。
2年前に東京から八代へ戻り 改めて八代はいい街。
何かをするにはちょうどいい規模だとも感じた。
この春、また東京に戻ることになったが 
八代で何か?できないか!
と思いエフエム八代で番組をもつことに。
中学・高校生に向けた番組作り。
音楽を通して色んなことにアドバイスできれば・・・
子供たちの視野を広げてあげたい・・・・と。
そして、八代にいる若者の人材発掘ができればと願っている。
また、八代の活性化にも音楽を通してがんばっていきたいと意欲的。
八代へ帰って来るたびに 散歩しながら
球磨川沿いのゴミ拾いもやっている。
フェイスブックで仲間に呼びかけたら 
賛同した友人もゴミを拾ってくれるようになったとか。
なぜ?今になって八代のために??
やっぱり、
八代が好きなんだと思った・・・・という答え。
きっと、東京で暮らしたからこそ 
地元八代の良さに気付かれもっといい八代に・・・
と思われたのでしょうね^^

 ***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。

木彫家 上妻利弘さん

今日の九州情熱人は 玉名郡和水町の木彫家 上妻利弘さん!
IMG_0604.JPG
妻さんは、国内外で活躍されているカービングの名人。
自然をモチーフにした蟻、鳥、植物の芽・・・
大きい物では テーブルやオブジェなどをつくる。
地域の活動も活発!。
地元の夏祭りのオブジェ作りや講演、木育活動をしている。
「木育活動」・・・・・
上妻さんは、20数年まえからやっていたことがここ数年
木育といわれるようになっただけ・・と、言われる。
子供たちにとって木にふれることは とっても大事なこと。
生まれて最初に口でなめるものが プラスチックでなく
木の感覚、香りだったり・・・そういうことが重要になる。

上妻さんのお宅「森の家」がみんなが訪問する場所。

IMG_0596.JPG

建物は、上妻さん手づくり。

床がヒノキ、壁が杉。

庭は、芝一面に大きな木が目立つ。・・・と、

すべて木に包まれる。

そんなところで、子供たちは自分たちで遊びを見つけ出すそうだ。

もちろん、上妻さんもカービングを教えている。

子供にとっては、「教えるおっちゃん」

自然の中で子供たちは表情もかわっていくんだとか。

上妻さん自身、世界的に活躍しても和水を離れず活動。

それは、和水の環境でそだったから・・・・

だから

小さい時に、木に触れ、森で遊ぶことで 大きくなって

都会にでても地元へ戻りたくなるような 

そんな木育になることを願っているのだと

思いました。


いつも自然体の上妻さん。


頼まれたら いや!とは、言えない・・・と、


地域の保育園や幼稚園、小学校で講演や

ワークショップ活動をしています。


9月中旬から10月中旬まではドイツの各地で個展を開く。


帰国後、肥後民家村の中にある 

カフェ&アート KINON(キノン)で

「帰国展」開催予定!

IMG_0605.JPG


ある意味、上妻さんご自身が木育成功者!

だと、私は思いました。

昔の生活の中で誰に何を言われるわけでもなく、

自然と感じ取ってきたことが・・・・それが、

今、地元で生かされている。

これからも「木のことを教えてくれるおっちゃん」として

あたりまえのことを子供たちに教えていってもらいたいです。

上妻さんの作品も見ることが出来、

ワークショップも開催される場所

肥後民家村の中にある 

カフェ&アートKINON(キノン)です!!

 ***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。


阿蘇茅葺工房 植田龍雄さん

今日の情熱人は 阿蘇郡高森町の阿蘇茅葺工房 植田龍雄さんを紹介。

ueda.jpg
阿蘇茅葺工房は、現在ご両親と女性職人の4人が主。
だが、88歳の祖父も現役である。
熊本で専門としてやっているのは阿蘇茅葺工房のみ。
九州でも専門でやっているところは 数件だそうだ。
今回、紹介する植田龍雄さんは 
阿蘇茅葺工房の3台目で現在38歳。
仕事先としては、行政だったり、
甲佐のやなば、塚原古墳など・・・・
熊本県内、県外と様々。
ちなみに、これは↓ 犬小屋です。  (立派すぎ・・・)
inugoya.jpg
屋根に使われている藁は稲わらだと思っていたが、
主に阿蘇の草原にあるススキなんだそうだ。
長さもあり、強いらしい。
地域によっては 稲わらだったり、麦わら、
ススキ、アシ、カヤだったりする。
3台目になった理由は、この技術を受け継がなければと
・・・いう想いから。
実際、やってみて100点満点とることはないが 
やっていて楽しい。
修復しながら 顔もみたことがない20年、
30年前の人の技術をみることが出来、感じることが出来る。
だから、茅葺屋根には「植田龍雄流」というのが 
出ているのかもしれない。
高校生とのコラボもやった。
ススキをとってねかせ、葺いていく・・・・。
(作りあげていく)
イチから教えたので格別。 
生徒の2人ぐらい茅葺に興味をもってくれた様子で・・・
将来につながるとうれしい。
そして、自分の息子も後を継いでくれると
 なお うれしい。
女性職人、せっちゃんの御嬢さん(高校生)も
興味をしめしてくれていて
卒業後、学びたいといっているらしい。
(↓の黄色Tシャツがせっちゃん!昨年12月から始められたらしい)
settyann.jpg
日本の伝統文化を背負う植田さん。
話しを聞いていて
今が充実し楽しんだろうな~ということが
伝わってきました。
改めて、日本の技術は凄いとも感じました。 
誇りに思います。

 ***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。

交通指導員、自転車競技指導員  村井正臣さん

今週の情熱人 山鹿市菊鹿町で交通指導員、自転車競技指導員を
されている 村井正臣さん 64歳を紹介。
muraisann.jpg
現在は、村井輪業を営みながら交通指導員を40年
自転車競技指導員を20年されている。
自転車競技指導員は、学校代表の子供たちを
直線やS字、ハシゴなど8種目を子供たちへ指導。
5月の連休後から約1か月間
菊鹿町の小学校3校へ 毎朝7時~8時まで教えに行っている。
今年は、成績があまりよくなかたらしい。
でも、参加して思い出の1ページを作るとか
事故が減れば・・・・と、村井さん。
交通教室は?   安全な乗り方を教えている。
特に中学生になると 子供達の9割が自転車通学になるので
カバンのヒモから教えている。
また、交通指導員になって40年。
子供たちの登下校時に立っている。
子供たちとのコミュニケーションは大事にしている。
kotoba.jpg
ビシビシ厳しくするのではなく、メリハリをつけて指導する。
なぜ?そこまで子供たちへ出来るのか?
自然と体が動くのだそうだ。仕事も誇りをもっているように
指導員になったのだから・・・・しっかりやりたい。
草など通行の邪魔になるような
危ないものがあれば 草刈りまでもやってしまう方。
交通指導員としてみなさんに気を付けてもらいたいことは?
とにかく基本のルールを守る。標識をちゃんとみる。
速度!
子供たちへは?
自転車へ乗るときはヘルメット!それが、一番大事!!
mess-ji.jpg
とにかく、菊鹿町の子供たちが大好きで、菊鹿が大好きだから
今の村井さんの気力が湧いてくるのだろうと感じました。


 ***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。


おはなしポケット 代表 岩崎まるみさん

本日の情熱人、おはなしポケット代表の岩崎まるみさんです。

iwasakisann.jpg

 

お話しポケットは、主に合志市で活動されている読み聞かせの会です。


現在メンバーは21人、30代から88歳の方まで

ボランティアで活動されています。


現在は、地元合志南小学校の朝の15分間の読み聞かせへ毎週木曜、
金曜に行き保育園、学童保育などにも定期的に行かれています。

    

読み聞かせをするようになったきっかけは?


岩崎さんのお子さんが小学校生の時、

授業参観で読み聞かをやってみたら

子供たちが喜んでくれたから。


近所のお母さんたちに声をかけ

平成6年から活動するようになり丸20年。

 

続いてきたのは、メンバー21人が無理をしないこと。


そして、なにより子供たちの目がキラキラかがやいて 

いい表情しているので、子供たちから受ける力が大きい。

 

appu.jpg

 

今回、スタジオでこの時季読み聞かせているという絵本

「じゃがいも かあさん」を少し読んでいただきました。


岩崎さんのやさしい声が自然に入ってきます。

 

学校で読みきかせをした時には、

子供たちが本の主人公になりきっているな~と、

表情ですぐわかるそうです。


毎週、定期的に行っている子供たちの変化

もわかるようになるそうです。

 

今後のお話しポケットの目標は?


決して強制ではなく、

子供たちが自然と自分の意思で本を選び

手にとってもらえるようになるとうれしい。 


とっても やさしい口調で笑顔が素敵な岩崎さん。 


お話しポケットをこれからも

長~く続けていってもらいたいですね。

sannninn.jpg

 ***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。



NPO法人かちゃリンクやまえ 本山民子さん

今回の情熱人 NPO法人かちゃリンクやまえ 本山民子さんを紹介。

motoyasann.jpg
お会いしてビックリ!
いきいき輝いていて、お肌も綺麗!!
本山さんは、
NPO法人かちゃリンクやまえ専務理事・健康食コンシェルジュ。
今年で9年。
現在、球磨郡山江村にある 旧山江村役場の庁舎を改装した
時代(とき)の駅むらやくばで
農村レストラン「やまえのまんま」で
食事提供されています。
yakuba.jpg
メンバーは、地元のお母さん6人。
本山さんは、案を出す係でお母さんたちは料理の名人たち。
まとめることが大変では?と聞くと
人生の先輩から色んなことを学びながら 
言わなければいけないことははっきり言うようになったとか。
このバランスがいいのでしょうね。
かちゃリンクやまえとは、助けあい、共同していくこと。
旧役場、時代の駅むらやくばを存続させていくこと。
農村レストランでは、地産地消を大切に生かしていく。
メインメニューは、
野菜中心の日替わりメニュー730円。
私がいただいた日は、魚の煮つけ、野菜の煮物、
キュウリの甘酢和え、オクラ天ぷら、
豆腐とアボカトもろみあえ、
サラダ、だご汁、ごはんでした。
rannti.jpg
ドレッシングまで手作りで
とっても健康的なメニューとっても美味しかったです!
本山さんは、NPO法人かちゃリンクやまえを立ち上げる前に
「風の会」をたちあげていらっしゃいます。
風のように人目につかないようにして、、、 
花を植えたり、ゴミをひろったり。
今では、地域の方がやってくれるようになり、
年に1回の活動となったらしいが、続けていきたい。
子離れができなかったときに・・・・
熱中するものができたので今がある。
みなさんに教えてもらい、感謝していると本山さん。
今後、レストランでやっていきたいことは????
地域のみなさんにもっと
利用していただけるようにしていきたい!
食はからだのクスリ!
みんな健康でいれたなら・・・・・と。
なるほど!本山さんが輝いて肌がきれいなのは
食事なのだと納得しました。
syoumenn.jpg
時代の駅むらやくば 農村レストランやまえのまんま

営業時間:11:30~16:00(月~土)

定休日:日曜と祝日

電話番号:0966-35-7000

住所:〒868-0092熊本県球磨郡山江村山田甲1415 
         時代の駅むらやくば

***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。

小国町Iターンの会会長 宮里瞳美さん

今回の情熱人は

「B&Bの宿くぬぎの郷」「お食事処こぶしの木」
 Iターンの会会長 宮里瞳美さんを紹介。
miyasatosann.jpg
福岡から小国町へ移住して15年。
登山が趣味で、
九重登山で小国町へ訪れていたことが移住の
きっかけ。
実際移住してみて、夏は快適だが冬は寒いと思ったのが実感。
でも、暮らせるのが幸せ・・・と宮里さん。
宿をやっていることで、
お客様や関東の人から移住について
相談にのることもあり、
Iターンの会会長を務めるようになったらしい・・が
本人は、「会長なんて・・・とんでもない、
相談にのっているだけ・・」と。
アドバイスは、
地元の方とのコミュニケーションが大事ということ!
せっかく移住したのであれば 
ず~っと住んでもらいたいという思いから。
今後、もっと過疎化が進む。

ホームステイで来た人が小国町に興味を持ってくれて
また訪れたり
移住してもらえるようになってくれたらうれしい。
まず、魅力的な小国町へしていくには
自分でできること、
阿蘇の山野草を増やしていくこと・・と、
宮里さん。
小国町と移住希望者の架け橋となっている人物である。
くぬぎの郷でしばらく滞在し
小国町での生活を実際やってみるのも
いい考えかもしれませんね。
菊池から100年の古民家を移築した建物。
(B&Bの宿くぬぎの郷)
kunugi.jpg
uti.jpg
「B&B宿くぬぎの郷」「こぶしの木」は、
大分県と熊本県の県境です。
お問い合わせ    
くぬぎの郷   0967-46-6780
  

***************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。


阿蘇牧羊犬倶楽部 武井融さん

今日の情熱人は 阿蘇牧羊犬倶楽部 武井融さん。
takei.jpg
漢方薬専門店を経営しつつ 犬の訓練士でもある。
阿蘇牧羊犬倶楽部とは
ボーダーコリーの好きな人達が集まって ボーダーコリーの
お仕事をやって楽しもうというもの。
お仕事とは・・・・牧羊犬なので羊の見張り番。
ボーダーコリーの特性は
感受性、敏捷性、耐久力、忠誠心、知性、自発性、穏やかさ
眼力、個性、勇敢さ。
1頭で 人、5人分の働きをするらしい。
そんなボーダーコリーと羊をつかって
少しづつカタチになりつつあるのが「阿蘇の草原維持」活動。
草原の草を 羊が食べ、牧羊犬がその羊を管理する。

放牧されている牛が背の高い草を食べ
羊が背の低い草を食べる。

そして、牛が入れないところに羊は入れる。
確かに 牛だけでなく「羊」もありかも・・・と思ってしまいました。
これから、阿蘇の草原に「羊」の姿、牧羊犬(ボーダーコリー)の姿が
みられるようになるかも・・・・・・。期待したいです!!
koinu.jpg
この子犬たちも訓練されて 阿蘇の草原で羊を追うかも!

 ****************************************************

「九州情熱人」の放送をお聞き頂けます。
下のファイル名をクリックして下さい。