日別アーカイブ: 2017年1月4日

冨永兄妹☆ミミー津田

 

あけましておめでとうございます!

 

今年最初のとんでるワイドのリポートは
宇城市松橋町から、野球を頑張っている元気な兄妹を紹介しました☆

 

冨永浩太郎くん(中学2年生)と冨永こはるちゃん(小学4年生)です。

 

二人とも小学校3年生の頃から野球を始め頑張っています!

%e3%81%93%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%91

 

二人ともフォームがかっこいい!!
生放送中も実際ノックしてもらいましたが、二人の息ぴったりでした^^

%e3%81%93%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%93

 

普段はお父さんと一緒に三人で庭で練習もするそうです♪

 

今年の漢字一文字はこはるちゃんが「楽」
去年は地震等もあったので今年は楽しい年にしたいということでした。
そして浩太郎くんが「躍」
活躍できる一年にしたいという思いがこもっていました。

 

二人とも残りの冬休みを楽しんで、野球も頑張ってください☆

 

%e3%81%93%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

浩太郎くん、こはるちゃん、今日はありがとうございました!!

畑の土作りについて

新年1回目の放送は・・・畑の土作りについて紹介します。

健康な野菜作りにはまず、土づくりが大切です!

  • 水田の稲は、毎年同じ場所で作っても、黄金の穂をつけてくれます・
  • それは灌漑用水のため、チッソ、リン酸、カリの微量要素が供給されるために連作障害が起きないのです。
  • そこで、寒い時期の畑の天地返しを行い、団粒構造の土に変えていくことが必要です。

天地返しの方法!

  • まず、表層の土を片側に掘りあげ、下層の土をもう片方に掘りあげます
  • 2週間以上寒ざらしにして下さい。その後、牛糞堆肥を1㎡に3㎏投入します。
  • 表層の土を下のほうに、下層の土を上のほうに埋め戻します。
  • 団粒構造の土は、通気性、排水性、保水性がよくなり土の微生物が繁殖し、生態系のバランスがよくなります。
  • また、輪作をすること(異なる科の野菜を順に栽培すること)も大事です。
  • 寒いですけど、ぜひやっておきたい作業です。

ぜひ参考にしてみて下さい☆