日別アーカイブ: 2017年12月25日

クボタの一口メモ「農業機械の管理について」

農業機械をお使いのみなさん!農閑期は、機械は使用しない、

または必要ないからという理由で、何もしないまま倉庫の奥に眠らせておくといったことは

ありませんか?そのままにしておくと、いざ機械を使うとなった場合に、動作不良や作業不能などの不具合を起こしてしまうことがあります。そのトラブルを防ぐために、今日は、農閑期における

田植え機やコンバインなどの農業機械の管理についてご紹介します。

 

農業機械の管理について気をつけること

気をつけなければならないポイントを3つお伝えします。

1つ目は、ラジエーターの凍結による破損を防ぐために不凍液を入れてください

2つ目は、バッテリーが上がらないようにマイナス端子を外してください。

3つ目は、錆付きを防ぐために油を差したり、防錆剤を塗布したりしてください。

以上のことに気をつけていただくと、次のシーズンに農業機械を使用する際に発生するトラブルを

ある程度防止することが出来ます。

 

自分自身で管理するポイントは分かりました。では、農業機械を点検に出すタイミング

農業機械を使用する2ヶ月程度前に、余裕を持って点検に出して頂ければ、農業機械をベストコンディションに保ちますし、トラブルを予防することにもつながります。

使わない時期だからこそ、より機械の保管には気をつけていただいて、末永く快適に

機械をお使いいただけますよう願っております。