日別アーカイブ: 2018年7月16日

桃農家の飲む桃酢☆ミミー津田

 

7月12日(木)は阿蘇郡西原村の阿蘇西農園におじゃましました!
阿蘇西農園は熊本地震で被害を受け、2年連続桃を大量廃棄しなければいけない状況にあり
その状況をなんとかできないかと1年がかりで試行錯誤して、今回桃の加工品が出来ました★


その名も「桃農家の飲む桃酢」です!
香りにこだわってらっしゃって、ツーンとする酢の香りではなく
桃ジュースのような甘い香りがします。

 

味も濃くて、甘さの後にお酢のすっぱさがきて、後味はふわっと甘いんです^^

 
何事にもこだわる農園の代表、東田さんがこだわり抜いた桃酢ということで
ほんとに美味しかったです。

 

今月9日から俵山交流館「萌の里」で販売されています。

 
生食用の桃の収穫、出荷ももう始まっているということで
暑い日が続きますが、頑張っていただきたいです。

東田さん、ありがとうございました!

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

☆がまだせ熊本『家庭菜園入門編』☆

今日は種から育てる葉牡丹の栽培方法をご紹介します。

【葉牡丹とは】

●7月上旬から9月下旬の時期が種まきに適している
●早く種まきをすると大株になり、遅くに種まきをすると子株(ミニ葉牡丹)になる
●今回は、ジフィーセブン(ピートモスを圧縮したもの)での栽培
【植え付けの手順】

●受け皿に腰水をし、ジフィーセブンを並べ、そこに3粒の種をまく
●発芽したら、本葉2枚で1本に間引きする
●液体肥料N6、P10、K5の1000倍液を10日に1回施す
●本葉7枚~8枚で10.5センチメートルのポットにそのまま移植する
【管理】

●苗の50パーセントを日よけに置き、風通しをよくする
●モンシロチョウが集まるので、オルトラン粒剤で防ぐ
●10月まで葉数が増えるようにする
是非、挑戦してみてくださいね♪


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。