日別アーカイブ: 2018年9月3日

天草のカニ図鑑を作成した吉﨑さん☆ミミー津田

 

8月30日(木)は天草市有明町におじゃましました!

この日紹介したのは、天草自然研究会代表の吉﨑和美さんです。
吉﨑さんは、天草のカニだけを集めた「天草のカニ類写真図鑑」を作成されました。

 

 

この図鑑の作成を始めたのは、2012年。

それからおよそ10万枚もの写真を撮って134種類のカニが掲載してあります。
1種類のカニでもカニの顔のアップ、甲羅、はさみの裏表、などなど10枚ほどの写真が掲載してあるので捕まえたカニを見ながら細部を確認して図鑑で確かめることが出来ます。
このカニは全種類、天草の海岸沿いで見ることのできるカニたちです。

 

 

海岸の環境が違うとそこに住んでいるカニの種類も違いますし、
まずは遠い海ではなく足元の身近にある海を見つめて、その環境を大切にしてほしいと
吉﨑さんは仰っていました。
このカニ図鑑は税別2000円で販売されています。
お問い合わせは 電話 090-9592-7033(吉﨑さん)までお願いします。

 

 

私たちもこの図鑑を片手に、天草のカニたちを探してみたいと思います☆

 

吉﨑さん、ありがとうございました!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

☆がまだせ熊本「家庭菜園入門編」☆

今日はニンニクの栽培方法をご紹介します。
【ニンニク】

●冷涼な気候を好み、気温15℃~20℃でよく生育する
●九州では沖縄早生や島ニンニクが栽培に適している
【植え付けの手順】

●植え付けの1週間前に、元肥として1平方メートルあたりに
牛糞堆肥500グラム、過燐酸石灰150グラム、バーク堆肥200グラム、
化成肥料100グラムをよく混合しておく
●畝幅60センチメートル、株間15センチメートル、
深さ5センチメートルにリン片にばらした球根を植えつける
【管理】

●水遣りは、腐りやすいので発芽までは控えめに与える
●追肥として、過燐酸石灰を11月と3月に1平方メートルあたり50グラム施す
●葉の4~5割ほどが黄色く枯れてきたら収穫適期(5月ごろ)
是非、挑戦してみてくださいね♪


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。