日別アーカイブ: 2018年9月24日

☆がまだせ熊本「クボタの一口メモ」☆

全国でも美味しいお米として注目を集める、熊本県産のお米!もう少ししますと、

あちらこちらで、稲刈りが本格的に始まるかと思います。

今日は、収穫したお米をいつまでも新米のように保存できる

クボタ玄米低温貯蔵庫「あじくら エコプレミアム」をご紹介します。

 

☆玄米低温貯蔵庫「あじくら エコプレミアム」の秘密☆

一般的に、精米された新米を美味しく食べられるのは、2週間~3週間程度と言われています。

「長い間お米を保管していると以前よりも美味しくない」

「梅雨時期になるとカビが発生したり、嫌な臭いがする」

「暑い時期が近づくと、虫が発生したりネズミに食べられたりする」

というような悩みはありませんか?

今回、ご紹介する玄米低温貯蔵庫「あじくら エコプレミアム」はそんな悩みを一気に

解決してくれます。

まず、お米の味を守ります。激しい寒暖差や高温多湿はお米にとって厳禁です。

あじくらでお米を適度な温度と湿度で保管することで酸化を防ぎ、

長期間新米の美味しさと鮮度を保ちます。

そして、カビを防ぎます。温度と湿度が上昇してお米の含水率が17パーセント以上に

なるとカビが発生しやすくなります。

あじくらでお米を適正な温度と湿度で保管すればカビの繁殖を抑えることができます。

さらに、お米を虫やネズミから守ります。

お米につきやすい虫は20度以上になると繁殖しやすくなります。

あじくらの密閉された空間内で適正温度でお米を保管していれば

虫やネズミなどの外部からの侵入もシャットアウトすることができます。

 

☆「あじくら エコプレミアム」の魅力☆

あじくらエコプレミアムには、省エネの「自動(eco)モード」がついていて、

玄米の保管に最適な12℃を保ちながら消費電力を抑えます。

また、従来機よりさらに消費電力量を3%~27%低減しました。

他にも、温度を5℃~15℃の範囲で設定できるので、玄米だけでなく野菜や果物、

飲み物の一時保存ができます。

さらに、あじくらには、様々なサイズがあるので、幅広いニーズに

お答えできるラインナップとなっています。

また、中九州クボタでは今月から11月まであじくらキャンペーンを実施しております。

購入をご検討の方や興味をお持ちの方は、是非お近くの中九州クボタ各営業所まで

お尋ねください。


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。