玉名大俵まつりの薦作り☆ミミー津田

 

10月9日(火)は玉名市に伺いました☆
全国、そして熊本県内各地でこの時期いろんなお祭りが行われていますが、
玉名のあきの風物詩といえば「玉名大俵まつり」!!

 

最大の呼び物は「俵転がしレース」です。
レースでは大俵、幅4メートル、高さ2.5メートル、重さ1トンと
小俵、幅2.6メートル、高さ1.6メートル、重さ200キロが使用されますが
その俵に巻きつける薦作りが始まっています。

 

 

玉名市シルバー人材センターの6人の男性が作業されている
玉名市高瀬の倉庫におじゃましました!

 
一番大事なことはみんなで息を合わせることと教えてももらい、
私もチャレンジしました!

 

紐をぎゅっと強く締めなくてはならず、思っていたより力を使いました。

皆さん作業が始まるときゅっと表情も引き締まり、真剣な眼差しでとてもかっこよかったです。
11月23日の祭り当日も、途中で剥れた俵の薦の修理に携わってるそうです。

 
伝統的なお祭りを守る為にはそこに携わっている方々のご苦労があってこそなんだなと改めて感じました。

 


まだまだ作業は続きますが、皆さん頑張ってください!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です