宮村さんの新米☆ミミー岡本

10月24日(水)は玉名市伊倉北方からでした(^^)

 

新米の美味しい時期ですよね☆

私たちも各地で美味しいお米を作るみなさんの姿をお見かけします。

今回はそんなお米作りを今年初めて1人でされた若い農業者を紹介しました!

 

宮村拓揶さん(23歳)です☆

北九州の出身で育ちは熊本市内、そして大学は北海道で農業について学ばれて玉名に来て1年半経つそうです。

玉名市にいらっしゃるおじいちゃんおばあちゃんの影響で米作りを始められたそう!

 

 

宮村さんは土づくりにこだわり今年初めて収穫、販売も含めて全工程を1人でされました!

今年は台風も多く初めてのことに心配も多かったそうですが、無事に収穫できて確かな手応えを感じたそうです(^^)

 

わたしも宮村さんの新米をいただきました!

 

土鍋を開けた瞬間からわくわく、、、☆

 

粒がたっててキラキラしてて、透明感がありいい香りがしました♡

 

 

お米だけをゆっくり味わうというのもなかなかない機会でした。

噛めば噛むほど感じる優しい甘みに驚きました!

 

 

宮村さんが丁寧に育てられたお米は「アニポタクライス」と検索していただきますとインターネットで購入ができます(^^)

玄米には手書きのお米の研ぎ方もついてます!

フレッシュで、好青年な宮村さん!

お米作りこれからも頑張ってくださいね!

応援しています(^^)

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です