☆がまだせ熊本「家庭菜園 入門編」☆

今日は種なしキンカンの栽培方法をご紹介します。

☆種なしキンカン☆

  • かんきつ類の中で、あまり木が大きくならず、鉢植えでも栽培できる
  • 植え付けして2年目から実成りを楽しむことができる
  • 今回はコンテナでの栽培方法をご紹介

 

☆植え付けの手順☆

  • キンカンの苗、8号(24センチメートル)のプラスチック鉢を準備する
  • 赤玉土3、日向ボラ土3、バーミキュライト2、ベラボン1、ゼオライト1の混合の培養土で植え込む
  • 元肥として、マグアンプK20グラムを混ぜ込んでおく

 

☆管理☆

  • 冬の寒さにはあまり強くないので、軒下で管理する
  • 常緑樹なので冬も土の表面が乾いたら、たっぷりと水遣りをする
  • 剪定は、3月に全体を間引きながら切り込む
  • 追肥として、2月、6月、10月に油粕、骨粉の粒を施す

 

ぜひ、挑戦してみてくださいね~♪


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です