カテゴリー別アーカイブ: ミミー日記

牛深町の方言用例集を制作された吉川さん☆ミミー津田

 

今日は、天草市牛深町で牛深の方言用例集を出版した
吉川茂文さんをご紹介しました!

 

吉川さんは、現在80歳。
2年前から牛深の方言用例集の作成を始めたそうです。

 

牛深町にお住まいのご年配の方々に実際に吉川さんが取材をし
情報を集めたということでした。

この方言用例集は143ページに渡り、牛深の方言はもちろん、
付録でハイヤ節の解釈や、方言民話、牛深町の祭り行事についてなども掲載されています。

 

地元の方、そして牛深を離れ県外に行かれた方にも
読んでいただいて、牛深のよさを再確認して欲しいとおっしゃっていました。

 

私もいくつか牛深弁を教えていただきました☆

 

一つ一つの方言に歴史や言い伝えがあり、勉強になりました。

 

女性が使うと可愛らしい方言もありました^^

 

 
今の牛深にお住まいの子ども達でも方言を知らない子が
たくさんいるということで、子どもから大人まで幅広い方々に読んでいただきたいと思います。

 

 

方言用例集は、吉川さんに直接お問い合わせいただくか、
牛深カメラで税込み2000円で購入することができますよ!

 

 

今日は吉川さん、ありがとうございました☆

地震に負けないちむちむチェリー☆ミミー岡本

今日は熊本市南区幸田から3月29日の再スタートに向けて、なんと自分達だけでお店を作っていらっしゃるバーガーカフェちむちむチェリーのスタッフの方々をご紹介しました!!

 

 

3年前から別の場所で営んでいらっしゃったんですが、熊本地震で被災され別の場所に建設中です!

 

お話はオーナーの田中さんとシェフの酒井さんに伺いました(o^^o)

 

お店にお邪魔すると、まさに作っている真っ最中で木の香りがしました♪

木材もたくさん置いてあり、毎日ご親戚やご近所の方も一緒になって手作業で作っていらっしゃいます!

 

前のお店のウッドデッキなどを自分で剥がし再利用して付け替えたり、外観や内装は元のお店のシンボルでもあった真っ赤な色が使われています!

思い出の詰まった以前のお店のものを使って、地震に負けない!!というお気持ちで頑張っていらっしゃいます(o^^o)☆

 

 

また、オムツを変えるスペースなども用意してさらにパワーアップしてお店を建てていらっしゃいます☆

 

3月29日プレオープン予定ですので、国道57号線沿いにある真っ赤な外観が目印のバーガーカフェちむちむチェリーにお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?(^^)

河内の海苔☆ミミー津田

 

今日は熊本市西区河内町に日本一の高値が付いた海苔がある!とお聞きして
河内漁業協同組合におじゃましました★

 

お話は理事の西村さんにお聞きしました。

 

この度、塩屋地区の塩屋一番に1枚156円という高値がついたそうです。
通常は、1枚およそ10円ということで生産者の方もびっくりということでした^^

 

1枚の海苔のサイズが19センチ×21センチです。

 

H12年度より味覚を重視した取り組みが行われ、生産者、漁協組合の皆さんが試行錯誤をして
今のこの海苔になったそうです。皆さんの努力の結果だと思います。

 

おじゃました船津地区にも、船津一番という美味しい海苔があります。

 

香りがよく、焼き色がとてもきれいで、口の中で溶けていき柔らかい舌触りでした。

海苔を使ったレシピもたくさん教えていただきました☆

 

まずは熊本の方に河内町の海苔を知って頂き、そして日本全国、
海外の方にも知って頂きたいなと思います!

 

 

今日は西村さん、ありがとうございました♪

軽トラ朝市の歌☆ミミー永木

今日は菊池市隈府にある菊池市商工会から
軽トラ朝市の歌についてご紹介しました♪

お話は中山さんと古田さんに聞きました☆

お2人とも軽トラ朝市と書かれた
真っ赤なジャンパーで出迎えて下さいました(^○^)♪

菊池市では、
毎月第4日曜日に「湯ったり菊池の軽トラ朝市」が行われているんですが、
みんなに親しみをもってもらおうと歌を作成!


菊池市出身の矢賀部さんに曲を依頼し、
歌は菊池在住の佐伯さんが歌われています!
とっても軽快なリズムで一回きくと耳に残り、
思わず口ずさんでしまいます(^o^)☆
2月の軽トラ朝市で披露したときは
老若男女問わずみなさんからの
手拍子とともに盛り上がったそう♪

なんと、軽トラの荷台が特設ステージとなり
歌を披露されたそう(*^^*)
80回目の軽トラ朝市は3月26日に開催されます♪
軽トラ朝市の音楽を聴きながら
軽快にお買い物も楽しんでいただきたいと思います☆


今日はありがとうございました(^○^)♪

菊池市商工会の皆さんと☆

光鉄ギャラリー☆ミミー津田

 

今日は阿蘇郡南阿蘇村吉田にある光鉄ギャラリーにおじゃましました!

お話を鉄道写真家の宮本快暢さんにうかがいました。

 

宮本さんは南阿蘇村に移住してきて4年目。
南阿蘇鉄道の写真を撮り続けています。

 

ギャラリーの中にはおよそ50点の写真が展示してあります。

 

南阿蘇の美しい景色の中に南阿蘇鉄道の列車が走っており
春夏秋冬それぞれ違った良さがあります☆

 

元々全国のお城の写真を撮っていたそうですが、
そのとき乗っていた列車の時刻表の表紙などに載っていた列車がきっかけで
鉄道の写真を撮るようになったそうです^^

 

 

今日で熊本地震で11ヶ月経ちましたが、宮本さんは南阿蘇鉄道を応援する活動として
写真集やハガキの売り上げの一部を義援金として寄付されています。

 

また、ギャラリーには2016年1月~12月までの南阿蘇鉄道の写真が並べられており、
ぐるっと回って一年を振り返ることができるようになっています。

 

熊本の方はもちろん、全国の方に南阿蘇鉄道、そして南阿蘇のことを
知って頂きたいと思います。

 

これからも素敵な写真を撮り続けてくださいね☆

 

 

宮本さん、今日はありがとうございました!!

八代城跡のお堀で!?☆ミミー永木

今日は八代市松江城町にある
八代城跡のお堀を運航する遊覧船についてご紹介しました!

お話はDMOやつしろの
白石さんに聞きました☆
DMOやつしろとは、
八代の観光や物産、
いい所を全国にPRしている団体です!
今回八代港へたくさんの海外からのお客さんがいらっしゃるという事で
和の体験ができるスペースがないかと考えた事から
運航のきっかけになったそうです(^○^)♪

八代城跡はもうすぐ400年という
素晴らしい歴史があります!
水深は平均して80センチ。
思ったよりも浅かったです!

橋があってお堀の周りを1周するのは難しいそうなんですが、
船頭さんとガイドさんもいれて12人乗り!
それが3隻あります☆
だいたい1キロくらいを30分かけて遊覧されるそう♪

 

石垣も間近に見ることができます☆


白石さんおすすめスポットもご紹介していただきました☆

また八代城跡は桜の名所ともいわれているそうなので、
遊覧船に乗りながらゆっくりとした時間を
過ごしていただきたいなと思います♪
3月29日にお披露目式があり、
その後から運航が始まるそうです!
春の行楽シーズンにお出かけしてみてはいかがでしょうか(*^^*)♪
今日はありがとうございました(^○^)

泥染め体験☆ミミー岡本

今日は山鹿市山鹿の八千代座入り口近くにある染・手作り工房かみやで泥染体験をしてきました!(o^^o)

 

 

オーナーの米加田恭代さんに丁寧に教えていただきました☆

 

地元山鹿にある不動岩ふもとでとれる赤土と山鹿の温泉水で泥水を作ります。

赤土を布に入れて温泉水につけてこすと、どんどんオレンジ色が出てきます!!

粘土質で粒子が細かいので良く染まり、そのあとは洗濯してもとれないそうです(o^^o)

 

ハンカチやストールなどの泥染体験をなさっていましたが、

ブックカバーも取り入れていきたいということで今回は一緒に挑戦してみました♪♪

 

まずは手書きでイラストや文字を書きます。

 

イラストは苦手な方ですが、褒めていただきました☆

 

イラストを描く用の染料はベンガラという山鹿のチブサン古墳の壁画にも使われている赤色が混ざっています。

 

 

そして赤土の泥水に入れると、イラストや文字の周りが淡いオレンジ色に染まりとても綺麗です!!!!

 

恭代さんとわくわくしながら染めました♪

今後ブックカバーの泥染も取り入れていかれるようですよ☆

 

他にも手作りの小物や洋服など様々なものが販売されています!

おでかけになってみてはいかがですか?(o^^o)

 

 

山鹿からパワーを伝えたい、泥染の魅力も知ってもらいたいというお気持ちで恭代さんが優しくお出迎えしてくれます(*^^*)

 

自転車の魅力を発信!山下さん☆ミミー草野

これから暖かくなったら、みなさん自転車に乗ってどこかへ出かけてみませんか?

cycle shop WBLはスポーツタイプの自転車の販売や自転車の整備を行うお店です。

今日はこのWBLで自転車の魅力や楽しみ方を発信している山下雄三さん(38)を紹介しました。

写真はスタッフの西島さん、山村さんも一緒です^^

主にお店、そして動画発信サイトで様々な楽しみ方を提案していらっしゃるのですが、
福岡県出身の山下さんにとって熊本は自転車で楽しめる場所が多く
熊本にお住まいの皆さんにはぜひ自転車でお出かけしてほしいそうです。

自転車は外の空気を直に感じたり、季節の香りを楽しんだり、気になったとこにすぐにとまれるのも魅力ですよね^^

ちなみに、自転車は乗るだけではなくファッションの一部としても、また酒の肴にもなるそうです!笑

自転車に乗る人によってたくさんの楽しみ方があるそうです。

WBLはユニークなスタッフの皆さんが相談にも気軽に乗ってくださいますし…
自転車の魅力や日本の自転車事情についても熱く話して下さいます!

「自転車に乗ってみようかな?」と思ったときが自転車に乗る適齢期!
私もこの春、自転車に乗ってどこかへ行ってきまーす!

デコポンジュース搾り体験☆ミミー草野

葦北郡芦北町田浦にある田浦保育園で初めて行われた
デコポンのジュース絞り体験にお邪魔しました!

JAあしきた青壮年部田浦支部の下山さん

熊本県立あしきた青少年の家の岩﨑さんにお話を伺いました。

なんと今回は贅沢にも1つ約200円のデコポンを準備しジュースにする
という体験だそうで…美味しそうなデコポンを前に子供たちもとても楽しみな様子!

田浦町の特産であるデコポンですが中々家では食べないという子供も多く、
今回のデコポンのジュース絞り体験はとても貴重な体験になったと思います!

自分の手で搾った生ジュースはまた格別に美味しいようで、みんな一気に飲んでいました^^
今回のデコポンのジュース絞り体験、JAあしきた青壮年部田浦支部と
熊本県立あしきた青少年の家がはじめてタッグを組んで開催されました。

地元の特産「デコポン」を知って、見て、触って、食べたり飲んだりして
今後の地域愛につなげて欲しいということが目的で行われました。

2つの団体ともボランティアで、子供たちの未来の為、田浦町の未来のために
取り組んでいらっしゃいます!
そんなみなさんとっても輝いていました!

カンタービレのピアノ教室☆ミミー岡本

ピアノを習ったことがある方多いのではないでしょうか(o^^o)?

 

みなさん何歳の頃に習っていましたか?

 

今日はピアノを始める適齢期について、熊本市東区栄町のカンタービレという音楽雑貨のお店でピアノ教室をされている平田さんご夫婦にお話伺いました(o^^o)!

ご主人の康一さんは約45年、奧さんの恵理さんは約20年ピアノを教えていらっしゃいます。

 

2人とも9歳くらいの頃にピアノを始めたそう!

幼い頃から始めたピアノですが、コンクールに出たり上達を目指すならもっと幼い頃から習い始めるのがいいそうです!

 

 

5歳くらいからピアノを弾きながら歌ったりと訓練をすることで、日常生活の音をドレミに置き換えることができる絶対音感も身につくかもしれないそうです☆

 

絶対音感を持っていると、ピアノから綺麗な音を出そうとするので、奏でる音も全然違ってくるそう。

 

ただ、カンタービレには3歳~70代の方まで幅広い年齢の方がピアノを習いにいらっしゃっているそうで、退職をきっかけにピアノに挑戦される方も多いそうです(o^^o)!

 

平田さんご夫婦は、ピアノはどんな人にも楽しんでもらえるものなのでいつまでも楽しむという意味では適齢期なんてないとおっしゃっていました(*^^*)♪♪

 

 

私も小さい頃挫折してしまったピアノを次は楽しみながら弾いてみたいなと思いました!

素敵な音色は心の癒しにも繋がりそうです♪

 

康一さん、恵理さんありがとうございました!