東大門タッカンマリ☆ミミー津田

 

26日(月)は10月30日に熊本市中央区新市街のプールスコート通りに
新しくオープンしたお店「東大門タッカンマリ」に行きました!!

 

 

このお店のオーナーは、1996年夏の甲子園の決勝戦、奇跡のバックホーム!
熊本工業VS松山商業の試合に出場した星子さんなんです☆

 

 
タッカンマリを知らない方も多いと思いますがタッカンマリとは韓国の鍋料理で
韓国語で「タッ=鶏」「ハンマリ=一羽」という意味でその名の通り
鶏一羽を丸ごと煮込んだ料理です^^


出汁には薬膳効果の高いナツメの実や高麗ニンジンなどの漢方が使用してあります。

 

15分くらいぐつぐつ煮込んだ後はスタッフさんがはさみで食べ易い大きさに切ってくれます。

 

 

 

その後は、タテギという唐辛子味噌とマスタード、お酢、ニラで好きなように辛さを調節した
特製のたれをつけて食べるんですが、じっくり煮込んだ鶏肉はほんとに柔らかくて
たれの辛さでまた身体が温まります!サウナのように汗をかきながら食べる方もいらっしゃるとか・・・

 


シンプルな料理なので、たれの味を作るのに苦労したそうで、本場韓国で
何度もタッカンマリを食べて研究したそうです。

 

 

 

私津田も韓国に留学をしていたので本場でタッカンマリを食べたことがありますが
まさに本場で食べているような味で美味しくてびっくりしました!!

 

星子さん曰く本場を越えてるんじゃない?とのことです。笑

 

 
オープンしておよそ1ヶ月ですが、既にリピーターのお客さんも多いそうですよ♪

 

 

美味しい韓国料理と素敵なスタッフの皆さんが待っています。

 


皆さんもプールスコート通りの「東大門タッカンマリ」で本場の味をご賞味ください☆


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です