復興への思いと、ワイルドカード攻防戦

B2の熊本ヴォルターズは、3月11日(土)と12日(日)の第22節で、
福島ファイヤーボンズと対戦しました。

11日(土)は東日本大震災から6年。
その日に、未曾有の大災害を経験した福島のチームと、
熊本地震を経験したばかりの熊本のチームが対戦します。

会場の熊本県立総合体育館には、福島から応援に駆けつけた方々の姿もありました。
その中の一人の女性は、次のように話してくださいました。
「3月11日という私たちにとって特別な日に試合があるということで、
絶対に足を運ぼうと思った。
私たちも遠くから足を運んでくれる人たちに元気をもらっていたので、
私たちも現地に足を運んで皆さんを応援できると嬉しなと思って来ました。
この日にこの試合があることを嬉しく思う」

試合前には、福島への支援金を募ったり、
両チームの主将が復興への一助となることを宣言したりと、
福島と熊本、二つの被災地が、ともに復興への思いを込めて試合に臨みました。

11日(土)の試合で、ヴォルターズは、
神原裕司選手の3Pシュートを皮切りに、序盤から一気に波に乗ります。
ジョエル・ジェームス選手のインサイドを軸に得点しながら、
「Mr.ヴォルターズ」こと、キャプテンの小林慎太郎選手も3Pシュートを決め、会場を沸かせます。

ファイヤーボンズも、出遅れはしましたが、
随所で、持ち味の3Pシュートや、速攻からシュートを決め、
福島へ“チカラ”を届けます。

熊本、福島、それぞれの復興を願った試合は、
一度も主導権を譲ることがなかったヴォルターズが、85対59で勝ちました。

この日の試合後には、
熊本、福島、それぞれにメッセージを記したフラッグを選手が交換しました。
そして、熊本のファンから福島のファンへ「ゴーゴー!ボンズ!」と、
福島のファンから熊本のファンへ「レッツゴー!ヴォルターズ!」と、
エールの交換も行われました。

「復興に向けて、共に支え合おう」
その思いは、選手もファンも同じでした。

ヴォルターズは、12日(日)の試合も92対74で勝ち、
第22節は連勝で終えました。

これで、B2は交流戦が終わり、地区内のチームとの対戦に戻ります。

そして、ヴォルターズは、いきなり大一番を迎えました。

第23節は、3月17日(金)と18日(土)、
西地区2位 広島ドラゴンフライズとアウェイでの2連戦です。

B1昇格プレーオフには、東・中・西の各地区1のチームと、
その3チームを除いたチームのなかで最高勝率の1チームが「ワイルドカード」で進出します。
現在、B2の勝率上位3チームは、いずれも西地区の島根、広島、そしてヴォルターズが占めています。
つまり、現状では、西地区で2位以上になれば、プレーオフ進出となります。

ヴォルターズは通算34勝10敗。一方の広島は35勝9敗。
結果次第で順位が入れ替わる重要な直接対決です。

17日(金)の1試合目。
ともに譲れない試合で、
両者ともに厳しい守備をかいくぐって得点を挙げます。

第2クォーターで、ヴォルターズは、
守備から速攻につなげるシーンが増え、
前半終了時点で31対26と、わずかに抜け出します。

第3クォーター以降は、取っては取られ、一進一退の展開となります。

試合終了間際、ヴォルターズは57対56と1点差にまで詰め寄られますが、
その後、相手のファールで得たフリースローを、古野拓巳選手が2本とも決め、
59対56で逃げ切りました。

18日(土)の2試合目は、第3クォーター終了の時点で12点のリードでしたが、
第4クォーターで猛追を許し、同点とされると、延長戦の末、76対74で敗れました。

広島とは1勝1敗。
第23節を終えて、ヴォルターズの順位は、西地区3位のままで、
ワイルドカード争いでトップに立つことはできませんでした。

次節は、3月24日(金)午後7時~と25日(土)午後2時~。
ホーム・水俣市立総合体育館で、西地区最下位の鹿児島レブナイズと対戦します。

これまで以上に負けられない戦いが続きます。
Let’s Go VOLTERS!!

第2回くまもと卓球フェスティバル!

 

山﨑雄樹(Yuki Yamasaki)

生年月日 1975年6月16日

出身地 三重県鈴鹿市

所属クラブ ひのくにクラブ

戦型 右ペン 表ソフト 前陣攻守

 

戦績

2016年度 全日本選手権(マスターズの部)出場 全九州選手権(年齢別)出場

1989年度 全日本選手権(カデットの部)三重県予選4位

1987年度 全国ホープス出場(ベスト16) 全日本選手権(ホープスの部)三重県予選5位

1986年度 全国ホープス出場 全日本選手権(ホープスの部)三重県予選7位

 

選手名鑑風に書いてみました。(前陣速攻と書けないのが悲しい…)

おととし、40歳になったのを機に、22年ぶりに再開した卓球。

おととし春の再開からもうすぐ2年とあって、少しずつ試合でも結果が出るようになりつつありますが、

プレーがアナウンスより硬くなったり、大事な1本が取れなかったりと、まだまだ課題だらけです。

さて、あさって(3月20日・春分の日)、県立総合体育館で

「マルキン食品presents第2回くまもと卓球フェスティバル」が行われます。

http://rkk.jp/uploadimage/event/pdf20170303142942.pdf

有名卓球メーカーの展示ブースや、卓球未経験者も楽しめる「お楽しみコーナー」など、

初心者から上級者まで、卓球に親しめるイベントです。

そして、日本トップクラスの選手によるエキシビションマッチが行われます。

 

去年の第1回は、

左・上田仁選手(協和発酵キリン)と

右・塩野真人選手(東京アート)がゲストでした。

 

右・元日本代表コーチで県卓球協会強化部長の

高木誠也さんを解説に

エキシビションマッチの場内実況を担当しました。

 

 

「動画サイト」でしか見たことがないような

ビッグプレーの連続に、大興奮でした。

(写真はすべて、去年の「第1回くまもと卓球フェスティバル」からです)

 

今年のゲストは、上田仁選手(協和発酵キリン)と、神 巧也選手(シチズン)です。

ともに、1月の全日本選手権ではリオ五輪日本代表に勝って

(上田選手が丹羽孝希選手に、神選手が吉村真晴選手に)、

ベスト8に進出。

3月4日に行われた、ジャパントップ12では、上田選手が優勝に、神選手が3位に輝きました。

また、解説は、

日本卓球リーグ実業団連盟専務理事、協和発酵キリン男子卓球部監督で明治大学体育会卓球部GMの

佐藤真二さんです。

こうして、プロフィールを紹介しているだけでも、楽しみで胸が高鳴ります。

卓球は、子どもから高齢者までが、同じ土俵で競える、魅力いっぱいのスポーツです。

ぜひ、県立総合体育館へお越し下さい。私も、マイクとラケットを持って、参加します!

 

 

 

 

同一カード連敗はしないものの・・・

バスケットボール B2西地区3位の熊本ヴォルターズは、
3月4日(土)・5日(日)の第21節、アウェイ・岩手県営体育館で、
東地区最下位の岩手ビッグブルズと対戦しました。

4日(土)、ヴォルターズは、前半こそリードして終えますが、
ファールや攻撃での連携ミスが相次ぎ、次第にリズムが悪くなります。
後半に入ると猛追を許し、最終的には84対67で逆転負けを喫しました。

5日(日)は、序盤から終始リードする展開。
そして、試合時間残り1分16秒からは、
先月、特別指定選手として新しく加わった
中央大学3年生の柿内輝心(かきうち・きしん)選手が出場。公式戦デビューを飾りました。
1対1の場面では、機敏なドリブルからシュートフェイクで相手を抜き去ると
ジャンプシュートを決めて初得点を挙げます。
その後には、フリースローを得ると2本とも決めて、この日は合計4得点。印象的なデビューとなりました。

ヴォルターズは、岩手と1勝1敗。
通算32勝10敗で西地区3位で変わりません。

ライバルチームの第21節の結果を見てみますと・・・、

2位の広島は、青森と1勝1敗で、通算では33勝9敗となりました。
ヴォルターズは、広島とは1ゲーム差です。
スポーツに「たら」「れば」はないことは分かっているつもりですが、
もし岩手に連勝していたら・・・と、つい考えてしまいました。

そして、1位の島根は東京EXに連勝し、連勝記録を18にまで伸ばしました。
通算では36勝6敗。地区優勝M16とプレーオフ進出M15が点灯しました。

交流戦は次節で終わり、いよいよシーズンは終盤へと差し掛かります。
1試合の重みが、さらに増していきます。

そうしたなかでの次の試合、第22節は、3月11日(土)と12日(日)、
ホーム・県立総合体育館で、東地区2位の福島ファイヤーボンズと対戦します。
東日本大震災から6年。
熊本、福島ともに復興を願って臨む試合でもあります。

Let’s Go VOLTERS!!

およそ1ヶ月ぶり!

バスケットボール B2西地区3位の熊本ヴォルターズは、
2月25日(土)・26日(日)の第20節、ホーム・県立総合体育館で、
東地区4位の青森ワッツと対戦しました。

25日(土)の試合。ヴォルターズは、プレッシャーをかけても
相手がうまくシュートを決め、序盤はリードを許します。
この流れを変えたのは、神原裕司選手。
3ポイントシュートや出足鋭いディフェンスでチームにリズムをもたらすと、
そこから試合は一進一退の展開となります。
ヴォルターズは、ボールへの集中力を切らすことがなく、
最終的には87対83と4点差で接戦をものにしました。

26日(日)も接戦となります。前半は29対29の同点。
シュート1本、どちらに転ぶか分からない展開の試合は、
ヴォルターズが、第4クォーターで逆転・頭一つ抜け出し、62対55で勝ちました。

同一カード連勝は、
1月28日(土)・29日(日)の第16節 茨城ロボッツ戦以来4節ぶり、
期間にして、およそ1ヶ月ぶりのことです。

ヴォルターズは、西地区3位で変わりませんが、
25日(土)に、2位の広島が東京Zに負けたため、広島との差が縮まりました。

ケガ人が出たり、疲労の蓄積があったりと、
思うようにいかない時期があるのもまたリーグ戦ですが、
青森との試合では、どちらに転ぶか分からないシーソーゲームで、
集中し、耐えて、泥臭くボールに飛び込んで・・・という
本来のヴォルターズの姿が戻りつつある兆しが見えました。

レギュラーシーズンの3分の2を終えて、残りは20試合。
ここからもう一度、波に乗ってほしいものです!

第21節は、3月4日(土)・5日(日)、アウェイ・岩手県営体育館で、
東地区最下位の岩手ビッグブルズと対戦します。

Let’s Go VOLTERS!!

アイドルとめぐる「メガ盛りグルメ

毎月、最終日曜日にお送りしている「Biz!」
今月は、熊本出身の“自虐系アイドル・ゆなもん”こと水森由菜さんと、
“メガ盛りグルメ”を紹介します。

“ゆなもん”とは、去年12月のきらきらファクトリーでステージの司会をして以来の再会でした。
あのときは、とても元気でパワフルなショーを見せてくれた“ゆなもん”ですが、
今回のロケでは、ステージとは違った魅力も垣間見ることができました。
自虐系アイドルならではの発言も飛び出しましたが・・・。

出演者とスタッフに、プレゼントを準備してくれていた“ゆなもん”。
その心遣いが、とても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Biz!」の放送は、26日(日)、午後4時からです。
ぜひ、ご覧下さい。

新しい風

バスケットボール B2西地区3位の熊本ヴォルターズは、
2月18日(土)・19日(日)の第19節、アウェイで、
中地区最下位の信州ブレイブウォリアーズと対戦しました。

18日(土)は、第3クォーター終了まではリードを許しながらも、
最終第4クォーターで逆転し、77対67で勝利。
一方、19日(日)は、前半はリードしながらも、
第3クォーター以降に追い上げを許し
終了間際までもつれた試合をものにすることが出来ず、
83対82と逆転負けを喫しました。

信州とは1勝1敗。通算29勝9敗のヴォルターズは、
西地区3位は変わりませんが、首位・島根との差が広がってしまいました。

このところ苦しい試合が続くヴォルターズですが、
新しい選手の加入が発表されました。

熊本出身で、現在、中央大学3年生の柿内輝心(かきうち・きしん)選手です。
172cm、75kg、16歳以下の日本代表にも選ばれたことがあるポイントガードが、
特別指定選手でヴォルターズの一員となりました。

柿内選手は、クラブを通じて、
「地元の熊本ヴォルターズでプレーできることを嬉しく思います。
B1に昇格できるよう全力で頑張ります!
また、バスケットボールを通して、熊本地震からの復興に少しでも貢献したいと思っています」
とコメントを出しました。

チームに新しい風を吹かせ、刺激してほしいものです。

第20節は、ホームゲームです。
25日(土)・26日(日)、県立総合体育館で、
東地区4位の青森ワッツと対戦します。

新戦力とともに、またここから一歩ずつ。
Let’s Go VOLTERS!!

根気強く、勝ち星の積み上げを

バスケットボール B2西地区3位の熊本ヴォルターズは、
2月11日(土・祝)と12日(日)の第18節で、ホーム・人吉スポーツパレスに、
中地区4位の東京エクセレンスを迎えました。

11日(土・祝)の試合では、
ゴール下の強さと高さを生かして得点を重ねていきます。

また、腰のあたりを痛めて欠場が続いていた神原裕司選手が、
6試合ぶりにコートに戻ってきました。
限られた時間の出場でしたが、厳しいディフェンスやアウトサイドのシュートなど、
持ち味を発揮し、チームに勢いをもたらしました。

終盤に追い上げを許したものの振り切り、82対65で勝ちました。

12日(日)は、精彩を欠いたヴォルターズ。
終始、歯車がかみ合わず、109対89で敗れました。

ヴォルターズは、西地区3位は変わりません。
しかし、この間、ライバルの島根と広島は連勝し、
差を広げられてしまいました。

次節は、18日(土)・19日(日)。
アウェイで、中地区最下位の信州ブレイブウォリアーズと対戦します。

まずは西地区首位返り咲きへ。
ひとつひとつ、勝ち星を積み上げていくしかありません。

Let’ Go VOLTERS!!

2月も半ば

今日はいく分暖かい日差しが届いています。

とはいえ、みなさんお風邪などひいていらっしゃいませんか?

まわりでも体調を崩している方、多くいますので、

暖かくなったとはいえ、まだまだ気をつけましょうね。

私事ですが、3月に出産をひかえ、

明日からお休みを頂くことになりました。

あっという間に妊娠期間がすぎ、

ほんとにあと少しで産まれるの?とまだまだ実感がないままなのですが、

これからしっかり体力をつけ、無事元気な赤ちゃんを産み、

また私も元気に仕事に戻りたいと思っています。

今日までありがとうございました。

番組あてにも、みなさんから応援のメッセージを頂きありがとうございます!

またよろしくお願いいたします。

首位陥落 我慢のとき

バスケットボール B2 第17節で、西地区の熊本ヴォルターズは、
今月4日(土)と5日(日)、アウェイで、
東地区3位の山形ワイヴァンズと対戦しました。

4日(土)は、主導権を握ったかに思われましたが、
第2クォーター以降はミスが相次ぎ、リズムを失います。
流れを取り戻せないまま、68対60で敗れました。

5日(日)は、序盤こそリードを許しますが、
第1クォーターのうちに逆転すると、
古野拓巳選手や、レジナルド・ウォーレン選手を中心に得点し、
点差を広げていきます。
そして、最終の第4クォーターでは、
普段は第1・第3クォーターを中心に出場する
身長2㍍の中西良太選手をここでも起用します。
ゴール下を厚くして逃げ切り、75対59で勝ちました。

山形とは1勝1敗。
勝率で並んでいた西地区のライバル島根と広島が連勝したため、
首位を明け渡し、3位に後退しました。

第15節の奈良戦で神原裕司選手が腰付近を痛め、
それ以降、戦列を離れています。
相手に吸い付くようなしぶといディフェンスでチームにリズムをもたらし、
ここぞの3ポイントシュートで勢いを加速させてきた神原選手の離脱は痛手です。

しかし、苦しいときこそ“チーム力”の見せどころ。
ヴォルターズを応援する私たちも含めて“チーム・熊本”で
首位返り咲きへ、B1昇格へ、進んでいきましょう。

次節はホームゲームです。
11日(土)・12日(日)、人吉スポーツパレスに
中地区4位の東京エクセレンスを迎えます。

Let’s Go VOLTERS!!

シーズン後半を、連勝スタート!!

バスケットボール B2西地区首位のヴォルターズは、
1月28日(土)と29日(日)の第16節、アウェイで、
東地区5位の茨城ロボッツと対戦しました。

今節から、B2レギュラーシーズンの後半に突入です。

28日(土)の1戦目。
ヴォルターズは、まずはディフェンスでリズムを掴むと、
終盤にかけて点の取り合いとなっても我慢強く戦い、84対73で勝利。
シーズン後半を白星発進します。

29日(日)の2戦目は、追う展開。
高い確率でシュートを決めてくる茨城に、最大で15点の差をつけられますが、
後半に入って、厳しいディフェンスとインサイドでの攻撃で巻き返し、
最終的には72対67と、逆転勝利をおさめました。

ここ最近は1勝1敗という対戦成績が続いていましたが、
第12節以来、4節ぶりに同一カード連勝。通算では3連勝とし、
良い形でシーズン後半のスタートを切りました!

混戦模様のB2西地区は、ヴォルターズと、島根、広島の3チームが、
勝率.813(B2最高勝率)で並んでいます。
しかし、直接対決の成績や得失点差で上回り、ヴォルターズが西地区の首位です。

B1昇格プレーオフには、東・中・西の各地区首位のチームと、
これらを除いたチームで最も勝率が高かったチームが進出します。

ヴォルターズは、長くタフなシーズンを、いい位置で走り続けています。
その姿は、とても頼もしく、誇らしいです。

Let’s Go VOLTERS!!