全国高校生介護技術コンテスト準優勝☆ミミー津田

 

 

12月4日(火)は阿蘇市の熊本県立阿蘇中央高等学校・阿蘇清峰校舎におじゃましました。

紹介したのは社会福祉課の2年生、岩下愛香さん・後藤成美さん・伊藤梨瑚さんの3人です。

 

 
3人は10月に山口県で開かれた全国高校生介護技術コンテストで全国各地の予選を勝ち抜いた12校中準優勝に相当する「優秀賞」を受賞しました!!嬉しいニュースです☆

 

 

 
コンテストは、課題にあった7分間の実技で要介護者の病状に合った安全な介護技術の他、
適切なコミュニケーション等を競います。

 

 

県大会、そして九州大会を経ての全国大会。
実は九州大会では3位だったそうですが、全国大会では九州大会で1位2位だった学校を
抑えて、見事準優勝に輝きました!!

 

 
大会一ヶ月前に出された全国大会の課題は「変形膝関節症の83歳の女性に上着を着せて洗面台までの移動の介助」そして大会の10分前のも直前課題がプラスされたそうです。

 

 
大会前は実習もあり、ハードスケジュールの中課題検討をしたそうですが、実習先でひざの痛みを持っている利用者さんや職員の方々にお話を聞いて実技に取り入れたそうです。

 

 

 

そして3人を一番近くで見守ってきたのは、社会福祉科の日高先生。
3人曰く、日高先生はとにかく3人に考えさせる!なので3人で自ら考えて、話し合い、絆も深まったそうです。
日高先生がいなかったらこの準優勝はなかったんですとも教えてくれました^^(日高先生が聞いていない時に。笑)

 

 
3人の成長を見守ってきた日高先生もこの準優勝を喜んでいる様子が
現場でお話をしていてもひしひしと伝わりました。

 
来年は最上級生の3年生。
また新たなことを学びつつ、それぞれの将来の夢に向けて頑張ってほしいと思います。
3人のこれからの活躍にも期待しています☆

 

 
ありがとうございました!!


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です