カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2019/08/11『バンドのスピリット』

中原「くまもとの魂をお届けする[くまもとスピリット]、中原丈雄です。
ボクはラジオのおかげで音楽が好きになり、
中学の頃からギターを弾いておりました。
全く上達しておりませんが…
[音楽]やりたい![バンド]やりたい!というキモチが
仕事が落ちついてきてからフツフツと湧いてきて、
それで現在、[TAKEO.UT★MEN(タケオユニットメン]という
バンドで、バンマスをやっております!
今日の1曲は、私たちのバンドで欠かせない1曲、
『真っ赤な太陽』をお聞き下さい」

[今週の一曲]『真っ赤な太陽』Tボーンズ
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]お届けしている曲は、
昭和41年(1966年)Tボーンズで『真っ赤な太陽』。
ラララララ~♫というトコだけがコーラスですよねぇ。
コレはねぇ、Tボーンズが歌の無い=[インストゥルメンタルのバンド]でございまして、
この番組のオ―プニングで流れてる[ザ・マーケッツ]のグループと同じで
え~、この[Tボーンズ]もスタジオミュージシャンのバンドなんですヨ。
ボクはネ、コレを中学の頃だったですかね、聴いて、ラジオで聴いて
大好きになって、[ラジオ]で出会った曲っていうのは、何でしょうネ、
永遠と心に刻まれるんデスねえ。」

【8月連休は中原丈雄バンドライブ!】
中原「さてさて!先週もチラッとお話しましたけど、この夏、この週末、
私、中原がバンマスをやっております[TAKEO.UT.★MEN]は
ライブをやっております。今日11日がヤッチロの[日奈久温泉神社]、
明日12日(熊本)市内の[CⅠB(キーブ)]、
13日が(熊本市内)フレンチ料理の店[七彩(しちさい)]でやります。」

※【中原丈雄バンド『TAKEO.UT★Men』LIVE】

8/11(日)17時半開場[日奈久温泉神社イベント広場] 前売2,500円 当日3,000円

8/12(月.祝)16時半開場[レストランバ一CIB(キーブ)]前売5,500円 当日6,000円

8/13(火)17時半開場 [フランス料理 七彩(しちさい)] ディナー付き 10,000円

中原「え~、ボクのバンド[TAKEO.UT★MEN.]でも、
この[真っ赤な太陽]ってのはやるんですけどネ。
意外とコレがネ手こずるんですヨ!簡単そうですけど難しいんです!」

 

【バンマスはツラいよ!】
中原「バンドに詳しい方なら、お分かりかと思いますけども、
バンドで何が大変かって言うとネ、
[バンドを続ける][引っ張っていく]ってのが物凄い大変なんですよ!
みんなをまとめて、え~、ですから、バンマスがしっかりしてないと、
バンドは自然にバラバラになってしまいますからネ。
ちゃんと[ライブ]をちゃんとやって、バンドを見てもらう。
バンマスは、バンドを続けて引っ張っていくと言うのが大変なんです」

 

【バンドのスピリットとは?】

中原「スポーツもそうですけども、そのメンバーのモチベーションを保って、
チームを維持すると言うのが、物凄く大変でございます!
[バンドのスピリット]とは[チームワーク]だと、私は考えております。
[チームワーク]を維持する心の潤滑油が、[米焼酎(しょうちゅう)]。
打ち上げで呑む[しろ]が、また、コレがまたウマい!
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!

皆さまお体にお気をつけになって、お過ごし下さい。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました。」

 

【お便り、常に暮集中です!】

中原「お便りは、nakahara@rkk.jp まで。
抽選で[本格米焼酎 肥後時習館]をプレゼントしますバイ!」

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/08/04『真夏のスピリット』

中原「くまもとの魂をお届けする[くまもとスピリット]、中原丈雄です。
いよいよ8月!いやぁ毎日暑かデスね。
今日は涼し気なラジオネームの方からお便り届いてますヨ!
[ラジオネーム・れもねーど]さんからのメールです。ありがとうございます。
『中原さん初めてお便りします。私は熊本とは何の関わりのない者です。
でも、修学旅行で訪れ、「好きだなー熊本」と感じた事と
この番組で[熊本のスピリット]を感じさせていただき、
とても気になる場所となってます』
名古屋市 緑区 [ラジオネーム れもねーど]60才』

中原「お~!何と名古屋から!これはこれは!
ラジコで聞いとりますネ!
[れもねーど]さん、この夏休みにでも熊本に遊びに来てみて下さりませ!
ではでは!今日のお題は[真夏のスピリット]!今日の1曲は『真夏の出来事』!」

[今週の一曲]『真夏の出来事』平山みき
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]、 お届けしている曲は、
昭和46年(1971年)平山みきさんで『真夏の出来事』。
いやぁ平山みき、名前が良かデスね。フツーで良か!」
※平山みきさんは、作曲家の筒美京平さんの秘蔵っ子!この曲の後に[ノアの箱舟]
[フレンズ]と色んな曲調の筒美ソングを歌ってます。

【人吉の子ども時代、真夏の出来事】
中原「さてさて!皆さんはどんな[真夏の出来事]経験しましたか?
ボクぁネ[真夏の出来事]は、人吉の球磨川で体験した出来事…
小学校には(当時)プールなんて無かったもんですからね。
親父が休みで『泳ぎに行こう』ってんで、球磨川に行ったんデスよ。
まぁイイとこ見せようと思ったんでしょうね、飛び込んで…
上がってきた時に、親父の履いてたサルマタが
親父より先に上がってきて、プカプカと流れて行ったというのが、
ボクの中で、笑いましたね。
いやあ、球磨川を見ると、親父の真っ白なサルマタを思い出します
コレもまた[くまもとのスピリット]?でしょうかねぇ」

【オトナの中原、真夏の出来事】
中原「ボクの今の[真夏の出来事]は、実は[ライブ]なんですよ!
毎年夏になると、あちこちでライブをやっておるんですけど、
今年もねぇ、熊本の3ヶ所でやります。
一つは(八代市の)[日奈久温泉神社]、熊本市内の[CIB(キーブ)]、
え~[七彩(しちさい)]ですね
詳しくは番組のホームページをご覧になって下さい」

※【中原丈雄バンド『TAKEO.UT★Men』LIVE】
8/11(日)17時半開場[日奈久温泉神社イベント広場] 前売2,500円 当日3,000円
8/12(月.祝)16時半開場[レストランバ一CIB(キーブ)]前売5,500円 当日6,000円
8/13(火)17時半開場 [フランス料理 七彩(しちさい)] ディナー付き 10,000円

中原「真夏の8月!酒屋さんかコンビニで冷たく冷えた缶の[金ハイ][銀ハイ]買って
熱くほてったカラダに一杯!いかがでしょうか?」
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」

 


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/07/28『海水浴のスピリット』

中原「くまもとの魂をお届けする[くまもとスピリット]、中原丈雄です。
いやぁ暑いですね!何しろ夏ですからね。
海水浴に行かれる方も多いでしょうね。
というわけで、今日のお題は[海水浴のスピリット]!』
今日の一曲は、海水浴と言えばこちら!
田代みどりさんで『ビキニスタイルのお嬢さん』!」

[今週の一曲]『ビキニスタイルのお嬢さん』田代みどり
中原「[中原丈雄のくまもとスピリッツ]、 お届けしている曲は、
昭和35年(1960年)田代みどりさんで『ビキニスタイルのお嬢さん』。
田代さんは、昭和23年(1948年)のお生まれ。
ボクの3つ上の姉ちゃんですね。
何ともハツラツとしたボーカル、良かですねえ。
でもね、この頃はね、何とライバルに弘田三枝子さんなんてのもいましたね。
両方とも元気の良い、可愛いお嬢さんでしたけれども」
※弘田三枝子さんは 2019/05/26 『初恋のスピリット』 で紹介しています

【海は広いな?大きいな?】
中原「さてさて!皆さんは初めてその[海水浴]に行かれた時の事を
覚えていらっしゃいますかね?
ボクが初めて[海水浴]に行ったのは、小学校の3年生くらいだったかな、、
何しろ人吉生まれですから、球磨川で泳いだ事はあっても、海は知らない!
そいで!
母と親戚で、田浦の海水浴場に連れて行かれたんですがね、
海はずーっと向こうまで何も無いと思ってたら、
なーんかあちこちに島が見えたもんだから、
「なーんね!ここは海じゃなかばい!湖ばい!母ちゃんの嘘つき!」
と思った事を覚えてます。」

【海水浴のスピリット】
中原「ちなみに[ビキニスタイルのお嬢さん]は、
その頃、田浦の海水浴場には誰ひとりもおりませんでした!
へそ出しのお嬢さんは、皆無!でした。
この夏、[海水浴]に出かけられた方は、
夜、ぜひ宿で[銀しろ]ハイボールを飲んで、ぐっすりとカラダを休めて下さい。
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/07/21『制服のスピリット』

中原「くまもとの魂をお届けする[くまもとスピリット]、中原丈雄です。
今日はまず、リスナーさんからのお便り、ご紹介しましょうかね。
[ラジオネーム.ばってん坪井川さん]からです。ありがとうございます
『初めて拝聴しました。あの人やこの人の裏話で面白いと感じておったら
番組が終わってしまいました。短い!せめて、あと5分なんとかなりませんか』」
そうなんですよ!何とかなりませんかね?白岳さま!RKKさま!
ばってん坪井川さん、短い番組で申し訳ありません。

【くまスピは5分番組で短い!】 
中原「[ラジオネーム.笑顔は心の宝物さん]からも、こんなお便りが…
『毎週日曜、楽しく聞いております。
ただ番組が5分と短いので、物足りなさを感じております』
[笑顔は心の宝物]さんも、お便りありがとうございます!
ボクも短いなあ、もっと喋りたいなあなんて、毎週思うんですよ。
RKKさんと白岳さんに、どんどん投書して、この番組を広げましょう!
おっと!そろそろ曲を!とブースの向こうで指示が来ました!
では、ダイアン・リネイで『ネイビー・ブルー』!」

[今週の一曲]『ネイビー・ブルー』ダイアン・リネイ
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]、 お届けしている曲は、
昭和39年(1964年)ダイアン・リネイで『ネイビー・ブルー』。
[ネイビーブルー]って言うのは、(アメリカ)海軍の制服の色ですよね。
この曲がヒットして、ダイアン・リネイはもうそれからずーっと
ステージでもこの(アメリカ海軍の)制服を着るようになってしまったという…
まぁ可哀想なのか?良かったのか?分かりませんけれども…」

【制服のスピリットとは?】
中原「[制服]と言いますとね、
ボクは色んな役で、色んな洋服を着るんですけども、[制服]も着ますし。
こないだは[なつぞら]、今もやってますけど、[なつぞら]ではねぇ、
熊の毛皮を着て、(十勝の山奥で熊の木彫りを掘る職人役を)やりました。
[熊の毛皮を着る]という事で、その役のスピリットをつかみました。
小学校の時に、早く中学生になって(中学校の制服を着て)
中学生のスピリットをつかみたいなあと思ったのが、
ついこないだのようです。」

【制服を脱いだら…】
中原「いつも[制服]で頑張っておられる皆さん!
休みの日には、制服を脱いで米焼酎で一休み!しましょう。
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/07/14『若大将のスピリット』

中原「いやぁ毎日、暑かデスねえ。この夏いかがお過ごしですか?
暑さに負けていませんか?中原丈雄です。
熊本の蒸し蒸しする夏の暑さを爽やかに吹き飛ばす曲をお届けしましょうかね?

昔から憧れてやまない!加山雄三さん、若大将の曲です。
今日のお題は[若大将のスピリット]!

若大将の歌、もう本当にたくさんありますけど、
ハワイアンなメロディが何ともステキなこちら『お嫁においで』!」

[今週の一曲]『お嫁においで』加山雄三

中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]お届けしている曲は
昭和41年(1966年)加山雄三さんで「お嫁においで」。
この頃の加山さんは歌手としても俳優としも、スゴい人気でしたよねぇ。」

【歌手!役者で大人気の加山雄三】

中原「[若大将]シリーズの[エレキの若大将]、ボク大好きなんですけど、
コレが前年の昭和40年(1965年)で、大ヒット!
加山さんは、この年に黒澤監督の[赤ひげ]にも出てます。
この頃の若大将シリーズの映画って言うのはね、
「ゴジラ」との二本立てですからね。まぁ贅沢でしたねえ
え〜、その頃はボクは中学生でした!まぁ憧れて憧れて、
ボクは海が無い人吉で育ってるもんですから、
海の男、若大将がかっこよく見えたんですかねぇ。」

【憧れの加山さんとステージに!】
中原「その若大将ともオトナになってから縁があって、
山さんのステージで、ボクは実際歌を歌ったんですね。
女優の秋野暢子ちゃんが
『中原さん!中原さんあの、加山さん好きでしょ?
         私連れて行くからちょっと一緒に行こうよ』つって、
         秋野と一緒に(加山さんのライブに)行って、
        そしたら『何か歌を歌ってくれ』って、加山さんに言われて。
         れで、ワイルドワンズのバックで演奏で、ボク、ウクレレ持ってってたんですけどね、
ボク、
「君のスープを」という曲を歌いましたね。」

※「君のスープを」は「お嫁においで」と同じ昭和41年(1966年)の加山さんの歌。
ファーストアルバム「加山雄三のすべて」に収録。 
 

中原「まぁ、そう言う風に何か、いつかは憧れの人と
思ってれば繋がるという、そう言う事を感じましたね!
それから自分もバンドをつくって、エレキをやって、ボクはバンマスで。
そう言えば、ライブやるんですよ!今度8月にやりますからね。」

【若大将のスピリットとは?】

中原「若大将のスピリットとは、やっぱり、大きく広がる[海]のような存在感ですかね。
憧れの相手とも、米焼酎を飲みながら、なんて関係になれると
リラックスしてじっくりと話が出来ますよ。

ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/07/7『人吉のスピリット』

中原「くまもとの魂をお届けする[くまもとスピリット]、中原丈雄です。
さてさて…7月は文月(ふみづき)、
リスナーさんからの文(ふみ)=お便りをご紹介しましょうかねえ。
[ラジオネーム.人吉のひろみさん]からです。ありがとうございます。
『初めましてです!人吉生まれ人吉育ちのおばちゃんです!
中原さんが人吉(出身)と聞いた時は、たまがりました!ウッチャンだけと思っとった』
いやいやウッチャンだけじゃなかですよ!
私の方が早かですよ、生まれは…
『あたしは、3年間、勤労学生で人吉ば、離れましたが、やっぱり球磨弁が抜けきれず
人吉に帰ってきて34年になります!中原さんはいくつで人吉ば離れたですか?』

ん〜と、ボクは18歳でしたからネ、高校を出て人吉を離れて、
ん〜何年になりますかねえ、ちょっと数えてみて下さい」
※中原さんは昭和26年(1951年)10月19日生まれの67歳ですので、人吉を離れ49年!

中原「というわけで、今日のお題は[人吉のスピリット]!』
今日の一曲は、七夕ですのでネ、星にちなんだこちらでいきましょう。」

[今週の一曲] 『Look for a star』ザ・マーケッツ
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]、お届けしている曲は
昭和39年(1964年)ザ・マーケッツで『Look for a star』。
え〜、ボクの大好きなバンドです。
※ザ・マーケッツは、60年代に活躍したロスのエレキ・インストバンドです。
なので、今回の放送は、歌詞が無いインストロメンタル曲をお届けしました。

中原「この番組[中原丈雄のくまもとスピリット]の曲、オープニングの曲もね、
ザ・マーケッツの[マイアミズブルー]って曲なんですよ。
え〜(バンドの)全員がスタジオ・ミュージシャンですから腕は超一流!
え〜この曲がヒットして慌ててバンドをつくり直してやっていった、
っていうような感じが、あるみたいですね。
これからも(ザ・マーケッツの曲)かけていきたいと思います。
さてさて![人吉のひろみさん]からのお便りで
『人吉の事、たくさん話して下さいね。聞いてます』
とありましたので、え〜お話しましょうかね。」

[『八日目の蝉』監督との人吉旅]
中原「ついこないだネ!
え〜ボクが出た映画、え〜『( 聯合艦隊司令長 )山本五十六』(2011年)
『ふしぎな岬の物語』(2014年)とかあるんですけども、

『八日目の蝉』(2011年)という(日本)アカデミー賞を総ざらいした監督で
成島出さん、ご夫妻を連れて人吉球磨をずっと旅したんですね。

え〜温泉に入ったりして、楽しい何日かを、ついこないだ過ごして来たんですけど
成島さんが言ってましたね。
『人吉の人はものすごく柔らかくて良い。
何だか人間が柔らかい、空気が柔らかい』って言うんですね。
(人吉は)人にヨシって書くから、そうだという風に皆言うんですけど、
成島さんが言う通り、やっぱり外から来られた方は、
そういう風(柔らかい印象)に感じられるみたいですネ。え〜、嬉しいです。」

[人吉のスピリットとは?]
中原「人吉球磨の人間は、球磨川水系の水と米で仕込まれた米焼酎を飲んどるから
[柔らかく]なるんですかねえ、、
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/06/30『海のスピリット』

中原「熊本の魂=くまもとスピリットをお届けするこの番組、
お相手は人吉生まれの私、中原丈雄デス。
人吉は、球磨川流れる素晴らしい故郷なんですけどもねぇ、、
海がない!海が遠い!海って何や!見た事もなかバイ!
そこで、今日のお題は、そんな憧れの[海]のスピリット。」
海と言えば若大将!加山雄三さんで『二人だけの海』

[今週の一曲] 『二人だけの海』加山雄三
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]お届けしている曲は、
昭和42年(1967年)加山雄三さんで『二人だけの海』。
この歌を聴くとねぇ、人吉高校の頃、好きだった女の子の事を
思い出すんデスよ。その人と渚を走りたかったなあ〜
でも(人吉は)海が無い!
く、球磨川の河原を走るつうのは、やっぱ絵にならんデスよねえ。
ねぇ〜『渚を走ろうか?』って言えるけど『河原を走ろうか?』って(笑)」

[加山雄三さんへの憧れ]  
中原「いやぁ、ホントに加山さん、良かったデスねえ、憧れました。
映画もずいぶん見に行きましたけどねえ。」
※昭和40年に加山雄三主演[エレキの若大将]が大ヒット。同年に黒澤明監督[赤ひげ]
にも出演。若大将シリーズだけでなく数々の映画で活躍していました。

中原「修学旅行の時に、人吉高校の、三保の松原に行って…
そいでボクはそこが茅ヶ崎だとばっかり湘南だとばっかり思って、
もうあっちこっちの松林を走りまわって、
『加山さんの家はどこや?どこや?』っつって探した覚えが(笑)
あるんですよ。
で帰ってから、地図で見たら、加山さんの住んでる(神奈川県)湘南と                                                         (静岡県)三保の松原があまりにも離れてて、
ボクがいかに勉強が出来なかったかという、証明にもなるという、、」

[若大将と来たら青大将!]  
中原「(田中)邦衛さんもいましたねえ、
(いきなり田中邦衛の青大将モノマネ!)
『スミちゃん!ボクぁスミちゃんが好きだった
ボクの父さんは社長だよ。(星由里子のスミちゃん)あ、そう?』
みたいな事を、、邦衛さんも良かったですねえ。
加山さんとは一緒にステージに立った事もあるんですけれどもネ。
そのお話はまた、次にやりますけれども…」
※来月も加山さんの歌、流します!

中原「加山さんの家とネ、ボクん家は、今住んでる家は、意外と近いんですよ。
酔っ払って帰る時に、加山さん家の玄関のボタン押して帰ろうか?
なんて思った事もあるんですけどもネ(笑)ホーントに。
何かこの、やっぱり加山雄三(さん)と言うのは、
前にかけた荒木(一郎)さんとまた違う何かこの素敵さがありますよネ」

 

[夏の海では銀ハイ!]
中原「いよいよ次は7月ですよ!
今年の夏は、海で『銀ハイ』『銀しろ』ハイボールでも飲みながら、
のんびりしたいですね!
ではまた、日曜の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/06/23『染み込むスピリット』

中原「くまもとの魂=くまもとスピリットをお届けしております中原丈雄です。
リスナーの皆さまから魂こもったお便り、たくさん届いてますよ!
ありがとうございます。
今日は[ラジオネーム.ねぎまりこさん]からのお便り、ご紹介しましょうかね。
え〜、ねぎまりこさんの行きつけの焼き鳥屋さんにボクの写真が貼ってあったそうです。
ええッ?どちらのお店でしょうかね?
『中原さんの滋味(じみ)のある声に、一日の疲れが癒されます。』
え〜、地味(じみ)な声ですいませんが…
『テレビで拝見しますが、ラジオで中原さんの熊本弁を耳にすると
もっと身近に感じます』。
あ〜、たいぎゃ嬉しかですバイ。
皆さまからのお言葉、胸に染みます、染み込みます!」

中原「というわけで、今日のお題は[染み込むスピリット]。
今日は私の心に染み込んだ曲を。カスケーズで『悲しき雨音』」

[今週の一曲] 『悲しき雨音』カスケーズ
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット]、 お届けしている曲は、
昭和37年(1962年)カスケーズで『悲しき雨音』
アメリカン・ポップスの不朽の名作ですね」
※雷の音からはじまる『悲しき雨音』は、翌1963年に全米3位を記録し
日本でも大ヒットしました。

中原「この頃(60年代)はホーントに良い曲がいっぱいありましたね。
カスケーズも『悲しき北風』という曲があります。
コレも良い曲ですけど、11月くらいに、かけられると良いですねえ。」

【まだ今年は梅雨入りしていませんが…】
中原「この曲のレコーディングの時に、実際に雨が降って、豪雨、、
嵐がロスで吹いてたそうなんですけど。
こういう曲ってのは何かやっぱり、雨の日に聞きたいですよねえ。
カラッと晴れた日にこういう歌、じゃない。
カラッと晴れた日は、やっぱり海の歌とかね山の歌とか、
あるでしょうけども、」

【染み込むスピリットとは?】
中原「梅雨どきに、この歌(悲しき雨音)を聴くと、何とも心に染みますねえ。
時を超えても、この心に染み込む名曲っていうのは何か、、
そんなスピリットがあるような気がします。
梅雨どきのちょっと寂しい心に染み込んで、心をほぐしてくれるのが米焼酎。
今宵も想い出の曲を肴に、一杯いかがでしょうか?

ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」

 

※お便りが採用された方には、抽選で本格米焼酎[時習館]をプレゼントします


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/06/16『傘のスピリット』

中原「くまもとの魂=くまもとスピリットをお届けしております、中原丈雄です。
梅雨どき、傘は欠かせません!最近の傘ほーんと軽いですね。
でも、ボクらが時代劇で使う[(番)傘]!重いですよ!
1キロくらいあるんじゃないかな?
というわけで、今日のお題は[傘のスピリット]。
傘と言えばこの歌ですか?橋幸夫さんで『雨の中の二人』」

[今週の一曲] 『雨の中の二人』橋幸夫
中原「[中原丈雄のくまもとスピリット] お届けしている曲は、
昭和41年(1966年)橋幸夫さんで『雨の中の二人』。
いやぁ、歌詞が何とも艶っぽいですねえ。

(※著作権の保護のため、歌詞記載を省略します)

びしょ濡れだからどっかで乾かそうか?なんていう深い意味を持った
歌詞なんですね、歌なんですねえ。
まあその頃(若かった自分)は気づきませんでしたけど、
いいですね、橋さんの歌の中ではボクはいちばん好きじゃないかな、
びしょ濡れだからね、え〜、どっかで乾かそうなんて人は
その頃いなかったし、え〜、そんな所、行く所も無いし、
(辛かった青春時代を思い出しつつ)ま!いいじゃないですかね!」

【びしょ濡れも大変だけど…】
中原「びしょ濡れと言えばですね、
ボクぁあの10年くらい前に『氷の華(はな)』というドラマで
米倉涼子さん、和泉聖治さんの監督で2時間ドラマでやったんですけど、
もう最初から車にはねられて死ぬんですけどね、
(そのシーンが土砂降りの雨で)びしょ濡れなんですよ!
誰も傘を差してくれない!
でも雨ン中で何時間も…(死体として道路で雨に打たれていた)
いちばん大変だったのは、その後に棺桶に入って、
お通夜で棺桶ん中に入って(死体役を)やるんですけどね、
花が、身体中にこうあって、花粉が鼻に入って(笑)
クシャミはしたいし(笑)、顔は動かせられないし、
ほーんと大変だったですね!
この歌を聞くと、というよりも、(梅雨の)季節になると、
雨に当たるとね、すぐ、そのシーンを思い出しますねえ。」

【雨に濡れた時は?】
中原「雨で濡れた身体を芯から温めてくれるのが,そう!米焼酎。
ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお身体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。

2019/06/9『雨のスピリット』

 

中原「くまもとの魂、くまもとスピリットをお届けしております中原丈雄です。
梅雨に入る6月。色んなラジオ番組で[雨]にちなんだ曲が流れてますね〜。
そこで、今日のお題は、[雨のスピリット]!」
[雨]と名のつく歌いっぱいあります。ボクにとっての[雨]の歌は、コレですね。
ジリオラ・チンクエッティで『雨』」

 

[今週の一曲] 『雨』ジリオラ・チンクエッティ
中原「『中原丈雄のくまもとスピリット』お届けしている曲は、
昭和44年(1969年)ジリオラ・チンクェッティで『雨』。
平成に入ってから、車のCMで使われてたから
聞いた事も、耳にした方もいらっしゃると思いますけど」

【憧れのチンクちゃん】
中原「ジリオラ・チンクエッティ…言いにくいですねチンクエッティ、
チンクちゃんは、1947年イタリアの生まれ、ボクの4つ上ですかね。
(彼女が)16歳の時に[サンレモ音楽祭]ってありましたけど、え〜、その当時、
[夢みる想い](彼女のデビューソング)というのがありましたね、

(※著作権の保護のため、歌詞記載を省略します)

歌おぼえたんですよ、ボクは。
それでね、それくらい好きだったんですね、このチンクエッティちゃんが。
それであの〜、初めて女の人の写真を、胸に抱いて寝た、みたいな。
レコードのジャケットですけれども、それが彼女なんですよ。
(好きな)女の人の顔の基準というのは全て、このジリオラちゃんから
ボクは生まれてます(笑)。何かねえ、、何でしょうかねえ、、
え〜、この[雨]の頃とだいぶ違う若い頃(のチンクエッティが憧れだったので)
この[雨]を聴いた時には、だいぶボクは『オトナなんだな、この人は。オトナになったんだな』と
思いましたけど。」

 

【雨のスピリットとは?】
中原「なんか雨の日は色んな事を思い出しますよねえ。何でしょうかねえ。
なんかカラッとした晴れの日には『ああ、気持ちが良いなあ』っていうこと
アレですけど、
雨のジメーっとした日には、色んな昔のコト思い出したり、
え〜色んな恋の初恋のコト思い出したり、え〜、しますねえ。
何でしょうかね。
梅雨の雨の日、想い出を肴に米焼酎で一杯、いかがですか?

ではまた、日曜日の夕方5時にお会いしましょう!皆さまお体に気をつけて。
くまもとの魂=くまもとスピリット、中原丈雄がお届けしました」


radiko.jpのタイムフリー聴取機能で
過去1週間以内に放送された番組を配信中!
聴取を開始してから24時間以内であれば
合計3時間まで聴取することができます。