カテゴリー別アーカイブ: つながる・支える~ぬくもりの医療・阿蘇立野病院~

8/3(土)放送:第5回 在宅医療サポートセンターについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第5回 在宅医療サポートセンターについて」

熊本県では団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて医療や介護、生活支援サービスを包括的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。
その取り組みの一つが「在宅医療サポートセンター」です。
阿蘇立野病院は今年4月「地域在宅医療サポートセンター」に指定されました

Q:在宅医療サポートセンターとはどういったものでしょうか?

日隈耕平さん(在宅医療サポートセンター 事務局):熊本県は高齢化が進み在宅医療ニーズが増加しています。在宅医療の質・量両面の取り組みを県内全域で推進するために、熊本県では「在宅医療サポートセンター」が創設されました。これには2つのタイプがあり、「県 在宅医療サポートセンター」には、熊本県医師会が指定され、「地域在宅医療サポートセンター」には、当院同様在宅医療を提供している医療機関や、複数の医療機関グループが指定されています。

Q:地域在宅医療サポートセンターに指定されたことで、医療機関はどんな役割を担うのでしょうか?

上村 晋一理事長:地域在宅医療サポートセンターでは、各圏域内の地域特性に応じ、日常の療養支援や急変時対応など、「在宅医療」を推進します。ご本人やご家族等からの在宅医療・療養に関する相談窓口となり、また医療・介護関係者が住民の皆さんに在宅療養サービスを継続して提供できるようサポート行っていく予定です。

そうした取り組みをさらに充実させるために阿蘇立野病院では今後、定期的に会議を開き在宅医療の普及促進に取り組んでいくとのことです。

Q:今後の展望をお聞かせください。

上村 晋一理事長:「地域の医療は地域で守る」このことを実践するには、医療機関、介護・福祉施設がお互いの「顔が見える関係」を築くことが大切だと思います。そのために、まずはお互いの人間関係を構築したいと考えています。

 

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


阿蘇立野病院


在宅医療サポートセンター 事務局の日隈耕平さん


情報収集や各部門への伝達は事務局が取りまとめを行う


上村 晋一理事長


在宅医療の更なる普及促進のため定期的に会議を実施予定


スライド等を使用し、スタッフ間の共通認識を高める

 

7/6(土)放送:第4回 健康教室について

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第4回 健康教室について」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院が行っている「健康教室」について紹介します。前田さん、「健康教室」について教えてください!。

前田恵子さん(透析室 主任看護師):はい。当院では病気について学ぶことで、健康な人もそうでない人も、自分の体に興味を持っていただき、地域の皆さんの健康促進につなげたいという思いから、様々な内容の健康教室を行っていました。熊本地震以降、中断していたのですが、今回ようやく再開できて、患者さんや地域の皆さんに喜んでいただいています。

樫山結さん:なるほど。本日のテーマは「腎臓のはたらきについて」なのですね。

前田恵子さん:はい。日本は現在、人工透析患者の数が世界の上位に入っており、およそ380人に1人が人工透析患者であると言われているんです。

樫山結さん:それほど多いのですね。

前田恵子さん:こちら南阿蘇地域でも、糖尿病や高血圧、加齢などにより腎臓病を発症し、人工透析が必要になる患者さんも多くいらっしゃいます。健康教室で腎臓の働きや役割を学ぶことで、生活習慣を見直し、腎臓病の予防や早期発見・早期治療につながればと思っています。

田尻彩さん(管理栄養士):今回は腎臓を守るための、「減塩」を意識した食事についてお話しさせていただきました。腎臓病だけでなく、病気を予防するためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。こうした健康教室を通して、日々の食生活を見直すきっかけにしていただければ嬉しく思います。

樫山結さん:こうした健康教室は、今後も開催されるんでしょうか?

前田恵子さん:はい、健康の維持・増進、病気の予防という観点から、当院ではこうした健康教室を定期的に開催し、地域の皆様の健康づくりに役立てていただきたいと思います。

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


リポーターの樫山結さんと透析室 主任看護師の前田恵子さん


今回健康教室の講演を行なった管理栄養士の田尻彩さん(右)


熊本地震以降中断していたが、復活した健康教室。
今回のテーマは「腎臓のはたらきについて」


健康な人もそうでない人も自分の体に興味を持ち、
地域の方の健康増進につなげたいという想いで開催


「腎臓病予防には栄養バランスのとれた食事をとることが
大切です」と田尻さん


お2人の話を聞き入る参加者の皆さん。
真剣にメモを取る姿も多く見られた


健康の維持・増進、病気の予防という観点から
今後も定期的に開催される予定だ


健康教室が日々の生活習慣を見直すきっかけに

 

6/1(土)放送:第3回 通所リハビリテーションセンターについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第3回 通所リハビリテーションセンターについて」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院の「通所リハビリテーションセンター」についてご紹介します。

「通所リハビリテーションセンター すがる」郷良民(ごうよしたみ)副主任にお話を伺いました。

郷さん、「通所リハビリテーションセンター」とは、どのようなものでしょうか?

郷副主任:はい。当院では現在、南阿蘇村方面で訪問看護をご利用いただいています。看護師が患者さんのご自宅を訪問し、薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、在宅生活の相談とアドバイス、終末期のケアなどを主治医のもと行っています。
あくまでもご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れたご自宅などで療養できるようお手伝いしています。

樫山結さん:阿蘇立野病院はなぜ、「訪問看護」に取り組んでいらっしゃるんでしょうか?

郷副主任:はい。利用者の方が日常生活を営むうえで必要なリハビリテーションを行い、心身の健康の維持・回復をはかり、介護状態の軽減、要介護状態の予防を目的としています。当院の「すがる」では、現在南阿蘇村を中心に、近隣地域にお住まいの約70人の方にご利用いただいています。
「通所リハビリテーションセンター すがる」では、アットホームな雰囲気のなかで、日常生活訓練や機能訓練のほか、趣味を見つけて楽しむことも含め、さまざまな「生活を支える訓練」を行っています。

樫山結さん(リポーター):なるほど! こちらではどんな訓練が受けられますか?

郷副主任:たとえば、理学療法士と行う個別の機能訓練や、“レッドコード”を使った柔軟性の向上・筋力増強を図る訓練のほか、“脳トレ”やレクリエーションを行います。

樫山結さん(リポーター):お花見や運動会、院内保育園の子どもたちを招いた夏祭りなど、利用者の方に楽しんでもらえるようなイベントも毎月開催されているんですよね!

〜利用者の方にお話を伺いました〜

樫山結さん(リポーター):利用されて、いかがですか?

ご利用者さま(A):楽しいですよ。みんなの顔が見られるし。

ご利用者さま(B):楽しいですね。みんなとワーワー言って。

ご利用者さま(C):おしゃべりが楽しみです♫

樫山結さん(リポーター):「通所リハビリテーションセンター すがる」は、ご利用者の皆さんのコミュニケーションの場にもなっているようですね!

郷副主任:はい、そうなんです! 私たちは地域の皆さんの健康維持だけでなく、リハビリをとおして地域を元気にしたいと考えています。家のなかで過ごすよりも、外に出てリハビリに行くと、みんなに会えるから楽しいと思ってもらえるような施設を目指し、これからもスタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

 


リポーターの樫山結さんと郷良民副主任


「通所リハビリテーションセンター すがる」について
お話を伺いました!


理学療法士と行う個別の機能訓練や、
“レッドコード”を使った訓練も行う


「みんなの顔が見られて楽しい」と
ご利用者の方は口をそろえる


南阿蘇村を中心に、近隣地域にお住まいの
約70人の方が利用している


室内は笑い声があふれる元気な空間。
皆さんのコミュニケーションの場になっている


「リハビリを通して地域を元気にしたい」と
話すスタッフの皆さん


“脳トレ”のほか、さまざまなレクリエーションも実施


心身の健康の維持・回復、介護状態の軽減、
要介護状態の予防を目的としている


趣味を見つけて楽しむことも含め、
さまざまな「生活を支える訓練」を行う


リハビリに行くとみんなに会えるから楽しいと
思ってもらえるような施設を目指している

5/4(土)放送:第2回 訪問看護について

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第2回 訪問看護について」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院が行っている「訪問看護」について紹介します。

「訪問看護」とは、訪問リハビリ、訪問診療と並ぶ在宅医療のひとつ。通院が困難な患者さんに対し、看護師がご自宅などを訪問して患者さんに応じた看護を行います。

野田局長、阿蘇立野病院の「訪問看護」について教えてください。

野田輝美看護局長:はい。当院では現在、南阿蘇村方面で訪問看護をご利用いただいています。看護師が患者さんのご自宅を訪問し、薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、在宅生活の相談とアドバイス、終末期のケアなどを主治医のもと行っています。
あくまでもご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れたご自宅などで療養できるようお手伝いしています。

樫山結さん:阿蘇立野病院はなぜ、「訪問看護」に取り組んでいらっしゃるんでしょうか?

野田看護局長:ご存じのように、南阿蘇は山間地にあり、高齢者が多い地域でもあることから、在宅医療の需要は今後さらに高まると考えられます。そうした状況を踏まえ、私たちは「訪問看護」をとおして、地域医療に貢献していきたいと考えています。

〜「訪問看護」の現場に同行させていただきました〜

樫山結さん:森さんが、訪問看護を行ううえで心がけていることは何でしょうか。

森朋子さん:患者さんお1人おひとりの性格や病状、生活スタイルを把握して、その方にあった対応やケアを心がけています。

樫山結さん:訪問看護師として、これからの目標はありますか?

森朋子さん:病気や障がいがあってもご自宅で穏やかに生活ができるようにサポートしながら、看護なさるご家族にもアドバイスができる訪問看護師でありたいと思います。

 

 


野田輝美看護局長とリポーターの樫山結さん


通院が困難な患者さんに対し、ご自宅などを訪問して
患者さんに応じた看護を行う「訪問看護」


薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、
在宅生活の相談とアドバイスなどを行う


ご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れた
ご自宅などで療養できるよう手伝っている


リポーターの樫山さんが「訪問看護」の現場に同行!


持参する道具の一部。同院は「訪問看護」をとおして、
地域医療に貢献していく考えだ


訪問看護士の森朋子さん


「病気や障がいがあってもご自宅で穏やかに
生活ができるようサポートしていきたい」と話す

4/6(土)放送:第1回 地域連携の取り組みについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第1回 地域連携の取り組みについて」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
つながる・支える〜ぬくもりの医療・阿蘇立野病院。この番組では、阿蘇立野病院の様々な取り組みを紹介します。阿蘇立野病院は、一般外来、入院、救急、人工透析、健康診断などに対応し、南阿蘇地域の医療を支える病院です。
3年前の熊本地震で大きな被害を受けましたが、段階的に再開し、去年1月にグランドオープン。
病院スタッフ一丸となって復興の歩みを進めています。
理事長、阿蘇立野病院の「地域連携の取り組み」について教えてください。

上村晋一理事長:はい、南阿蘇地域は高齢者の多い地域ですので、いつでも患者さんを受け入れられるよう、入院病棟の病床数を増やすことが急務でした。スタッフが徐々に増え、現在は43床に増床することができました。

樫山結さん:地域の皆さんと一緒に、イベント等も開催していらっしゃるんですよね?

上村晋一理事長:ヨガ教室や、高校生を講師に招いた認知症予防体操教室などを院内で実施しました。病院と地域の方々が楽しくつながる場を提供できているのではないかと思います。

樫山結さん:それは楽しそうですね。是非私も次回参加させていただきたいです!

上村晋一理事長:是非参加してください!

樫山結さん:さて、高齢化が進む南阿蘇地域の病院として、この阿蘇立野病院にはどんな役割が求められているんでしょうか?

上村晋一理事長:通所リハビリでは、通って来られる高齢者の方の機能回復や健康増進を図る役割が求められていると思います。リニューアルした施設はご利用者様にも好評で、意欲的にリハビリに取り組んでいらっしゃいます。病院に来ることができない高齢者の方に対しては、訪問リハ、訪問診療、訪問看護など、その方に必要な医療を提供し、南阿蘇村地域や他の医療・介護施設などと連携しながら、高齢者の方を含め、南阿蘇村に暮らす方々の健康を支える地域医療を、これからも実践していきたいと思っています。

樫山結さん:理事長、今日はありがとうございました。

上村晋一理事長:ありがとうございました。

 


阿蘇立野病院


上村理事長と樫山結さん


毎月実施しているヨガ教室は誰でも参加できます。
詳しくは阿蘇立野病院のホームページでご確認ください。


認知症予防体操教室