タグ別アーカイブ: ライフ

10/5(土)放送:第7回 出張健康教室について

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第7回 出張健康教室について」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院が行っている地域貢献のひとつ、 『出張健康教室』について紹介します。理事長、阿蘇立野病院で行われている「健康教室」について教えてください。

上村晋一理事長:はい、南阿蘇村の健康増進を図るため、地域貢献の一つとして、地域の皆さんからご依頼があった場所に出向き「健康教室」を開催しています。医師による健康についての話や、看護師による健康相談会、あるいはリハビリスタッフによる集団体操や放射線技師の骨密度についての話、等々テーマは様々で、地域から要望に応じて当院スタッフが対応しております。

~リハビリテーション課の理学療法士が南阿蘇村の長野公民館に出向いた健康教室では、参加者16人。「骨折」をテーマにおよそ1時間のプログラムが行われました~

古川みちるリハビリテーション課課長:今回は、骨折予防のための転倒を防ぐ体操について教室を行いました。転倒しないためにはどの筋肉を鍛えたらいいのか、実技を交えての内容を、皆さん一生懸命聞いてくださいました。「運動してみたいけど、やり方がわからない」といった方々に、簡単にできるトレーニングを紹介することで、ご自宅でも体を動かすきっかけになればと思っています。自分の心身の健康に関心を持ってもらい、住み慣れた地域でいつまでも元気に過ごしていただけるよう、健康教室を活用してほしいと思っています。

~また、地域の皆さんに開かれた病院として、院内コンサートなど様々なイベントも行っているそうです~

樫山結さん:理事長、健康教室は、地域の健康を守る、大切な取り組みのひとつなんですね。

上村晋一理事長:はい、そうなんです。当院はこうした健康教室を各地域で開催し、皆様の健康づくりに役立てていただきたいと考えています。

9月に開催されたピアノ&チェロコンサート

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


要望に応じた専門職が講演を行う。今回は「骨折の予防」がテーマ


参加者も資料に熱心に目を通していました


骨折を防ぐための転倒予防の体操。椅子を使って無理なく


椅子などを使い普段生活の中でもできる体操を実施


リハビリテーション課課長の古川みちるさんと理学療法士の澤田静さん


上村 晋一理事長とリポーターの樫山結さん

9/7(土)放送:第6回 多職種連携の取り組みについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第6回 多職種連携の取り組みについて」

熊本県が推進する「地域包括ケアシステム」の構築の一環として、今年4月、「地域在宅医療サポートセンター」に指定された阿蘇立野病院。それをきっかけに、南阿蘇地域の患者さんの入院受け入れ体制を整えようと、多職種が連携した取り組みを行っているそうです。

Q:「多職種の連携」について、教えていただけますか?

橋本和歌子病棟看護師長:はい、スタッフ間での情報共有を徹底し、空き病床の管理を行い、入院を希望される患者さんをできる限り受け入れられる体制づくりに取り組んでいます。具体的には、医師や看護師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカー、事務など、院内のほぼ全ての職種の代表者が参加する「病床管理会議」を毎朝行っています。

日々行われる「病床管理会議」での情報は代表者によってそれぞれの現場に伝達、共有され、急な入院の問い合わせなどにも素早く対応できるようにしているそうです。

Q:リハビリテーションスタッフとして、どんなことを意識しながらこの会議に参加されていますか?

古川みちるリハビリテーション課課長:当院では、入院中にしっかりリハビリを行い、退院後には訪問リハで自信をつけ、通所リハに通っていただくという流れをつくることを目標にしています。
病棟スタッフとは特に患者さんの情報を密に共有しながら退院後の在宅での生活も見据えてリハビリテーションの提供を行う必要があると思っています。

Q:橋本さん、今後の目標を教えていただけますか?

橋本病棟看護師長:はい。在宅での生活を見据えて、入院中からリハビリテーションスタッフやソーシャルワーカーなどと連携しながら患者さんの情報を共有しサポートしていくことが大切だと思います。そうした受け皿にされるように今後スタッフを増員し、病床数を増やしていつでも患者さんを受け入れられるようにすることが目標です。

 

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


院内ほとんどの職種の代表者が集まる病床管理会議


病床管理会議の情報はそれぞれの現場で共有される


看護師、リハビリテーションスタッフ、ソーシャルワーカー
による病床管理


検温・血圧など個別にチェック項目を作りパソコンで管理


リポーターの樫山結さんと病棟看護師長の橋本和歌子さん


リポーターの樫山結さんとリハビリテーション課課長の古川みちるさん


リハビリテーション室では基本的動作や日常生活動作を訓練

8/3(土)放送:第5回 在宅医療サポートセンターについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第5回 在宅医療サポートセンターについて」

熊本県では団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて医療や介護、生活支援サービスを包括的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。
その取り組みの一つが「在宅医療サポートセンター」です。
阿蘇立野病院は今年4月「地域在宅医療サポートセンター」に指定されました

Q:在宅医療サポートセンターとはどういったものでしょうか?

日隈耕平さん(在宅医療サポートセンター 事務局):熊本県は高齢化が進み在宅医療ニーズが増加しています。在宅医療の質・量両面の取り組みを県内全域で推進するために、熊本県では「在宅医療サポートセンター」が創設されました。これには2つのタイプがあり、「県 在宅医療サポートセンター」には、熊本県医師会が指定され、「地域在宅医療サポートセンター」には、当院同様在宅医療を提供している医療機関や、複数の医療機関グループが指定されています。

Q:地域在宅医療サポートセンターに指定されたことで、医療機関はどんな役割を担うのでしょうか?

上村 晋一理事長:地域在宅医療サポートセンターでは、各圏域内の地域特性に応じ、日常の療養支援や急変時対応など、「在宅医療」を推進します。ご本人やご家族等からの在宅医療・療養に関する相談窓口となり、また医療・介護関係者が住民の皆さんに在宅療養サービスを継続して提供できるようサポート行っていく予定です。

そうした取り組みをさらに充実させるために阿蘇立野病院では今後、定期的に会議を開き在宅医療の普及促進に取り組んでいくとのことです。

Q:今後の展望をお聞かせください。

上村 晋一理事長:「地域の医療は地域で守る」このことを実践するには、医療機関、介護・福祉施設がお互いの「顔が見える関係」を築くことが大切だと思います。そのために、まずはお互いの人間関係を構築したいと考えています。

 

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


阿蘇立野病院


在宅医療サポートセンター 事務局の日隈耕平さん


情報収集や各部門への伝達は事務局が取りまとめを行う


上村 晋一理事長


在宅医療の更なる普及促進のため定期的に会議を実施予定


スライド等を使用し、スタッフ間の共通認識を高める

 

7/6(土)放送:第4回 健康教室について

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第4回 健康教室について」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院が行っている「健康教室」について紹介します。前田さん、「健康教室」について教えてください!。

前田恵子さん(透析室 主任看護師):はい。当院では病気について学ぶことで、健康な人もそうでない人も、自分の体に興味を持っていただき、地域の皆さんの健康促進につなげたいという思いから、様々な内容の健康教室を行っていました。熊本地震以降、中断していたのですが、今回ようやく再開できて、患者さんや地域の皆さんに喜んでいただいています。

樫山結さん:なるほど。本日のテーマは「腎臓のはたらきについて」なのですね。

前田恵子さん:はい。日本は現在、人工透析患者の数が世界の上位に入っており、およそ380人に1人が人工透析患者であると言われているんです。

樫山結さん:それほど多いのですね。

前田恵子さん:こちら南阿蘇地域でも、糖尿病や高血圧、加齢などにより腎臓病を発症し、人工透析が必要になる患者さんも多くいらっしゃいます。健康教室で腎臓の働きや役割を学ぶことで、生活習慣を見直し、腎臓病の予防や早期発見・早期治療につながればと思っています。

田尻彩さん(管理栄養士):今回は腎臓を守るための、「減塩」を意識した食事についてお話しさせていただきました。腎臓病だけでなく、病気を予防するためには、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。こうした健康教室を通して、日々の食生活を見直すきっかけにしていただければ嬉しく思います。

樫山結さん:こうした健康教室は、今後も開催されるんでしょうか?

前田恵子さん:はい、健康の維持・増進、病気の予防という観点から、当院ではこうした健康教室を定期的に開催し、地域の皆様の健康づくりに役立てていただきたいと思います。

【インフォメーション】
阿蘇立野病院では一緒に働く仲間を募集しています。
詳しくはHP をごらんください。
<募集職種>看護師/社会福祉士

 


リポーターの樫山結さんと透析室 主任看護師の前田恵子さん


今回健康教室の講演を行なった管理栄養士の田尻彩さん(右)


熊本地震以降中断していたが、復活した健康教室。
今回のテーマは「腎臓のはたらきについて」


健康な人もそうでない人も自分の体に興味を持ち、
地域の方の健康増進につなげたいという想いで開催


「腎臓病予防には栄養バランスのとれた食事をとることが
大切です」と田尻さん


お2人の話を聞き入る参加者の皆さん。
真剣にメモを取る姿も多く見られた


健康の維持・増進、病気の予防という観点から
今後も定期的に開催される予定だ


健康教室が日々の生活習慣を見直すきっかけに

 

6/1(土)放送:第3回 通所リハビリテーションセンターについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第3回 通所リハビリテーションセンターについて」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院の「通所リハビリテーションセンター」についてご紹介します。

「通所リハビリテーションセンター すがる」郷良民(ごうよしたみ)副主任にお話を伺いました。

郷さん、「通所リハビリテーションセンター」とは、どのようなものでしょうか?

郷副主任:はい。当院では現在、南阿蘇村方面で訪問看護をご利用いただいています。看護師が患者さんのご自宅を訪問し、薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、在宅生活の相談とアドバイス、終末期のケアなどを主治医のもと行っています。
あくまでもご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れたご自宅などで療養できるようお手伝いしています。

樫山結さん:阿蘇立野病院はなぜ、「訪問看護」に取り組んでいらっしゃるんでしょうか?

郷副主任:はい。利用者の方が日常生活を営むうえで必要なリハビリテーションを行い、心身の健康の維持・回復をはかり、介護状態の軽減、要介護状態の予防を目的としています。当院の「すがる」では、現在南阿蘇村を中心に、近隣地域にお住まいの約70人の方にご利用いただいています。
「通所リハビリテーションセンター すがる」では、アットホームな雰囲気のなかで、日常生活訓練や機能訓練のほか、趣味を見つけて楽しむことも含め、さまざまな「生活を支える訓練」を行っています。

樫山結さん(リポーター):なるほど! こちらではどんな訓練が受けられますか?

郷副主任:たとえば、理学療法士と行う個別の機能訓練や、“レッドコード”を使った柔軟性の向上・筋力増強を図る訓練のほか、“脳トレ”やレクリエーションを行います。

樫山結さん(リポーター):お花見や運動会、院内保育園の子どもたちを招いた夏祭りなど、利用者の方に楽しんでもらえるようなイベントも毎月開催されているんですよね!

〜利用者の方にお話を伺いました〜

樫山結さん(リポーター):利用されて、いかがですか?

ご利用者さま(A):楽しいですよ。みんなの顔が見られるし。

ご利用者さま(B):楽しいですね。みんなとワーワー言って。

ご利用者さま(C):おしゃべりが楽しみです♫

樫山結さん(リポーター):「通所リハビリテーションセンター すがる」は、ご利用者の皆さんのコミュニケーションの場にもなっているようですね!

郷副主任:はい、そうなんです! 私たちは地域の皆さんの健康維持だけでなく、リハビリをとおして地域を元気にしたいと考えています。家のなかで過ごすよりも、外に出てリハビリに行くと、みんなに会えるから楽しいと思ってもらえるような施設を目指し、これからもスタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

 


リポーターの樫山結さんと郷良民副主任


「通所リハビリテーションセンター すがる」について
お話を伺いました!


理学療法士と行う個別の機能訓練や、
“レッドコード”を使った訓練も行う


「みんなの顔が見られて楽しい」と
ご利用者の方は口をそろえる


南阿蘇村を中心に、近隣地域にお住まいの
約70人の方が利用している


室内は笑い声があふれる元気な空間。
皆さんのコミュニケーションの場になっている


「リハビリを通して地域を元気にしたい」と
話すスタッフの皆さん


“脳トレ”のほか、さまざまなレクリエーションも実施


心身の健康の維持・回復、介護状態の軽減、
要介護状態の予防を目的としている


趣味を見つけて楽しむことも含め、
さまざまな「生活を支える訓練」を行う


リハビリに行くとみんなに会えるから楽しいと
思ってもらえるような施設を目指している

5/4(土)放送:第2回 訪問看護について

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第2回 訪問看護について」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
今日は、阿蘇立野病院が行っている「訪問看護」について紹介します。

「訪問看護」とは、訪問リハビリ、訪問診療と並ぶ在宅医療のひとつ。通院が困難な患者さんに対し、看護師がご自宅などを訪問して患者さんに応じた看護を行います。

野田局長、阿蘇立野病院の「訪問看護」について教えてください。

野田輝美看護局長:はい。当院では現在、南阿蘇村方面で訪問看護をご利用いただいています。看護師が患者さんのご自宅を訪問し、薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、在宅生活の相談とアドバイス、終末期のケアなどを主治医のもと行っています。
あくまでもご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れたご自宅などで療養できるようお手伝いしています。

樫山結さん:阿蘇立野病院はなぜ、「訪問看護」に取り組んでいらっしゃるんでしょうか?

野田看護局長:ご存じのように、南阿蘇は山間地にあり、高齢者が多い地域でもあることから、在宅医療の需要は今後さらに高まると考えられます。そうした状況を踏まえ、私たちは「訪問看護」をとおして、地域医療に貢献していきたいと考えています。

〜「訪問看護」の現場に同行させていただきました〜

樫山結さん:森さんが、訪問看護を行ううえで心がけていることは何でしょうか。

森朋子さん:患者さんお1人おひとりの性格や病状、生活スタイルを把握して、その方にあった対応やケアを心がけています。

樫山結さん:訪問看護師として、これからの目標はありますか?

森朋子さん:病気や障がいがあってもご自宅で穏やかに生活ができるようにサポートしながら、看護なさるご家族にもアドバイスができる訪問看護師でありたいと思います。

 

 


野田輝美看護局長とリポーターの樫山結さん


通院が困難な患者さんに対し、ご自宅などを訪問して
患者さんに応じた看護を行う「訪問看護」


薬の管理や健康状態の観察、清潔の援助、
在宅生活の相談とアドバイスなどを行う


ご本人やご家族の意思を尊重し、住み慣れた
ご自宅などで療養できるよう手伝っている


リポーターの樫山さんが「訪問看護」の現場に同行!


持参する道具の一部。同院は「訪問看護」をとおして、
地域医療に貢献していく考えだ


訪問看護士の森朋子さん


「病気や障がいがあってもご自宅で穏やかに
生活ができるようサポートしていきたい」と話す

4/6(土)放送:第1回 地域連携の取り組みについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく2018年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第1回 地域連携の取り組みについて」

樫山結さん(リポーター):こんにちは、樫山結です!
つながる・支える〜ぬくもりの医療・阿蘇立野病院。この番組では、阿蘇立野病院の様々な取り組みを紹介します。阿蘇立野病院は、一般外来、入院、救急、人工透析、健康診断などに対応し、南阿蘇地域の医療を支える病院です。
3年前の熊本地震で大きな被害を受けましたが、段階的に再開し、去年1月にグランドオープン。
病院スタッフ一丸となって復興の歩みを進めています。
理事長、阿蘇立野病院の「地域連携の取り組み」について教えてください。

上村晋一理事長:はい、南阿蘇地域は高齢者の多い地域ですので、いつでも患者さんを受け入れられるよう、入院病棟の病床数を増やすことが急務でした。スタッフが徐々に増え、現在は43床に増床することができました。

樫山結さん:地域の皆さんと一緒に、イベント等も開催していらっしゃるんですよね?

上村晋一理事長:ヨガ教室や、高校生を講師に招いた認知症予防体操教室などを院内で実施しました。病院と地域の方々が楽しくつながる場を提供できているのではないかと思います。

樫山結さん:それは楽しそうですね。是非私も次回参加させていただきたいです!

上村晋一理事長:是非参加してください!

樫山結さん:さて、高齢化が進む南阿蘇地域の病院として、この阿蘇立野病院にはどんな役割が求められているんでしょうか?

上村晋一理事長:通所リハビリでは、通って来られる高齢者の方の機能回復や健康増進を図る役割が求められていると思います。リニューアルした施設はご利用者様にも好評で、意欲的にリハビリに取り組んでいらっしゃいます。病院に来ることができない高齢者の方に対しては、訪問リハ、訪問診療、訪問看護など、その方に必要な医療を提供し、南阿蘇村地域や他の医療・介護施設などと連携しながら、高齢者の方を含め、南阿蘇村に暮らす方々の健康を支える地域医療を、これからも実践していきたいと思っています。

樫山結さん:理事長、今日はありがとうございました。

上村晋一理事長:ありがとうございました。

 


阿蘇立野病院


上村理事長と樫山結さん


毎月実施しているヨガ教室は誰でも参加できます。
詳しくは阿蘇立野病院のホームページでご確認ください。


認知症予防体操教室

1/5(土)放送:第12回 阿蘇立野病院のこれからについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく昨年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第12回 阿蘇立野病院のこれからについて」

長船なお美さん(リポーター):あけましておめでとうございます、長船なお美です! 今回は、阿蘇立野病院のこれからについて、上村晋一理事長にお話を伺います。さて理事長、今年は熊本地震から3年目の年となります。昨年は色々新たな取り組みを進められた年でしたよね。

上村晋一理事長:はい、当院では昨年9月から電子カルテを導入しました。これにより、各部門間で情報の共有ができるようになり、業務効率化が大幅に促進されました。患者さんにとっては待ち時間の短縮にもつながったと思います。

長船なお美さん:入院患者さんを受け入れるための病床数も、ずいぶんと元に戻りつつあると伺っています。

上村晋一理事長:そうですね。スタッフが徐々に増え、患者さんを受け入れる体制がより整ってきたことで、病床数は昨年9月に32床から43床へ増床することができました。今年は、4月から56床に増床すべく、準備を進めているところです。 また、日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによるミニコンサートや、ヨガ体験教室を院内で実施しました。これらは、入院患者さんはもちろん、院外の皆さまにも楽しんでいただける良い機会になったと思います。

長船なお美さん:そして、介護についての相談・支援の窓口も再開されたそうですね。

上村晋一理事長:はい、昨年5月から、居宅介護支援事業所「たての」を再開しました。高齢化が進む南阿蘇地域で、要介護状態になっても安心して在宅生活がおくれるよう、支援を行なっています。

長船なお美さん:最後に、今年の抱負を教えてください。

上村晋一理事長:私たちは1日も早く震災前の阿蘇立野病院に戻すことを目標に掲げてきました。創立40周年である今年は、「復旧から復興」へギアチェンジして、さらなる進化を目指したいと思います。特に、在宅支援病院としての役割を強化し、なおし、支えていく病院として医療介護の連携を重点に、「一燈隅照」の気持ちで頑張ります。

INFORMATION
ただ今、阿蘇立野病院ではスタッフを募集しています。

【募集職種】
●あそ統合医療研究所 専任スタッフ(看護師など)
●看護師
●准看護師
●介護士・看護補助
●作業療法士
●理学療法師
●社会福祉士
お問い合わせ/0967-68-0111(阿蘇立野病院)


リポーターの長船なお美さんと上村晋一理事長


電子カルテの導入により業務効率化が大幅に促進。
患者さんの待ち時間短縮にもつながっている


スタッフも徐々に増やし、患者さんの受け入れ体制を整えている


昨年5月から居宅介護支援事業所「たての」を再開


震災前の阿蘇立野病院に戻すことを目標に、スタッフ一丸となって頑張っている


高齢者の方が安心して在宅生活がおくれるよう支援を行なうスタッフの皆さん


「復旧から復興へギアチェンジし、さらなる進化を目指したい」と上村晋一理事長


今年で創立40周年を迎える阿蘇立野病院

 

12/1(土)放送:第11回 くまもと復興応援ナースについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく今年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第11回 くまもと復興応援ナースについて」

長船なお美さん(リポーター):こんにちは、長船なお美です! 今回は、阿蘇立野病院の「くまもと復興応援ナース」についてご紹介します。

くまもと復興応援ナースとは、熊本地震の影響で今も人手不足が続く阿蘇地域の看護職員確保のため、熊本県と熊本県看護協会が行っている取り組みです。
これは、看護師・准看護師等が、1ヵ月から1年程度の短期間、被災地などの医療機関に勤務するものです。阿蘇立野病院では昨年8月から、復興応援ナースの支援を受けています。

〜中田 麻里さんの場合(北海道・小樽市から)〜

Q
「くまもと復興応援ナース」に応募された理由は?

A
以前3回ほど九州を旅したことがあり、熊本もとても大好きな場所でした。地震が起こってからずっと熊本が気になっていたんですが、このたび機会がありまして、応募させていただきました。

〜倉本 直子さんの場合(山口・下関市から)〜

Q
「くまもと復興応援ナース」のやりがいは?

A
じっくり患者さんと関わることができるので、小さな変化に気づくことができたり、訴えを聞くことができたりすることです。患者さんやご家族の希望を聞きながら、介護、リハビリなど色んな職種と連携し、チームで医療をしていることを実感できます。

Q
これから来られる「くまもと復興応援ナース」の皆さんに望むことはありますか?

A
着任直後は環境を変えることに戸惑いがありましたが、スタッフの方も温かく受け入れてくださっているので、とても感謝しています。好奇心旺盛な方はぜひ、チャレンジしていただきたいです!

長船なお美さん:野田局長、「くまもと復興応援ナース」の支援制度について、どのように感じていらっしゃいますか?

野田看護局長:はい。この支援制度は、依然医療スタッフの人材不足から続く阿蘇地域の病院において、とても良い取り組みであると感じています。

長船なお美さん:実際に受け入れてみていかがでしょうか?

野田看護局長:応募いただいた方は即戦力の方ばかりで、人手が足りないなかとても助けていただいています。ただ、当院では現在も看護師不足が続いている現状です。

長船なお美さん:最後に、今後の展望についてお聞かせください。

野田看護局長:当院は寮などの受け入れも整っており、働きやすい環境だと思います。手に職をもつ看護師は、どこででも働ける魅力ある仕事です。今後も全国から「復興応援ナース」の受け入れを続けたいと思っています。

INFORMATION
ただ今、阿蘇立野病院ではスタッフを募集しています。

【募集職種】
●あそ統合医療研究所 専任スタッフ(看護師など)
●看護師
●准看護師
●介護士・看護補助
●作業療法士
●理学療法師
お問い合わせ/0967-68-0111(阿蘇立野病院)


リポーターの長船なお美さんと野田輝美看護局長


「復興応援ナース」は、看護師・准看護師等が、
1ヵ月から1年程度の短期間、被災地などの医療機関に勤務する


くまもと復興応援ナース・中田麻里さん(北海道・小樽市から)


もともと九州が好きで、「熊本の役にたちたい」と
今回の募集に応募した中田さん


阿蘇立野病院では、昨年8月から「くまもと復興応援ナース」を受け入れている


くまもと復興応援ナース・倉本直子さん(山口・下関市から)


チーム医療をとおして、患者さんとじっくり向き合えているそう


「好奇心旺盛な方はぜひチャレンジしていただきたいです!」

11/3(土)放送:第10回 健診センターについて

1979年に設立し、長らく阿蘇地域の中核医療機関を担ってきた「阿蘇立野病院」。2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受けましたが、2017年4月から段階的に再開。8月以降からは入院や一般外来、11月に人口透析を再開しています。そしてようやく今年1月、1年8ヵ月ぶりに全館再開。同院のモットーでもある「ぬくもりと安心の医療」をお届けできるよう、スタッフが一丸となって業務に取り組んでいます。この番組では、阿蘇立野病院のさまざまな取り組みをご紹介します。

「第10回 健診センターについて」

長船なお美さん(リポーター):こんにちは、長船なお美です!今回は、阿蘇立野病院の「健診センター」について紹介します。健康診断や人間ドックを行う健診センターは、熊本地震後は一時新館で業務を行っていましたが、今年1月から元の場所で健康診断を再スタートしました。佐藤さん、健診センターではどんな健診を受けられるんでしょうか?

佐藤由美子さん:当院の健診センターでは、個人や企業を対象とする健康診断、人間ドックなどを行っています。また、健診機関が近くにない地域や、企業などへ健診車を使った出張健診も行っています。

長船なお美さん:会社などで1年に1回とか行われている健康診断ですよね。あと、地域で行われる様々な健診は、回覧板などで随時お知らせがありますよね。

佐藤由美子さん:はいそうです。健診を受ける方の中には、健診でしか来院されない方も多くいらっしゃいますので、できるだけリラックスして健診を受けていただき、何かあれば気軽に相談してもらえるよう、私たち職員も笑顔とお声がけを心がけています。大きな病気は、症状が出てからでは回復が難しくなることがあります。できるだけ、症状が出ていない時から定期的に健診を受け、可能な限り病気の予防をすることが大切ですね。

長船なお美さん:最後に健診センターの今後の展望を教えてください。

佐藤由美子さん:健診を受けることは、ご自分とご家族の健康を守るためにとても大切です。健診で病気が見つかったら、病院で詳しい検査や治療など、適切なフォローを行うこともできます。私たちは健診をとおして、南阿蘇地域の皆さんの健康増進に貢献したいと思っています。

長船なお美さん:なるほど。若い方にもご高齢の方にも、ぜひ定期的に健診を受けていただきたいですね。佐藤さん今日はありがとうございました。

佐藤由美子さん:ありがとうございました。

INFORMATION
ただ今、阿蘇立野病院ではスタッフを募集しています。

【募集職種】
●あそ統合医療研究所 専任スタッフ(看護師など)
●看護師
●准看護師
●介護士・看護補助
●作業療法士
●理学療法師
お問い合わせ/0967-68-0111(阿蘇立野病院)


臨床検査技師の佐藤由美子さんとリポーターの長船なお美さん


リラックスして健診を受けてもらえるよう笑顔と声がけを心がけ


心電図では不整脈や心臓の肥大などを検査


個人や企業を対象とする健康診断・人間ドックを行う


健診機関が近くにない地域や企業へは健診車で出張健診を行う


今年1月から元の場所で健診を再開


検査室では尿や血液などの検体検査を行う


健診をとおして南阿蘇地域の皆さんの健康増進に貢献